目指してるのか?サブスリー 酒とジョグとカメラの日々

57歳サラリーマンのマラソン練習と飲酒とカメラの記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京マラソン2014遠征記 

今さらだけど、6回目の参加となる東京マラソンの遠征記 いちおう記録として。

仙台に帰ってきたこともあり、2007年以来の遠征での参加となった。 初めての遠征の時は、なぜか神田に泊まった。おそらく、ナンバーカード引き替えが東京ドームだったこと、新宿までは中央線で行けたからだと思う。
今回は、6年間住んだ阿佐谷のルートインを予約した。西新宿までは丸ノ内線で10分
下車したあとは地下道を通ってハイアットリージェンシーまで行けるし、道路も通路も空いているんだよね。

2/22 
 土曜日は、仙台駅を35%OFFのチケットが取れた08:22のやまびこで移動した。
 東京駅に着いたのは10:44
 そこから重たいバッグを提げて京葉線ホームまで歩いて、新木場でりんかい線に乗り換え、国際展示場駅に着いたのは11:20くらいだった。改札を抜け、コインロッカーに重たい荷物を預けようとしたら全て使用中を示す赤ランプがついていた。
 よーく見ると、使用中ではなく東京マラソンが終わるまでは使用中止になっていた。
 なんか、いやな予感がして、ビッグサイトまで歩いて行くとやはりビッグサイト内のコインロッカーも全て使用中止だった。
 ボストンマラソンのテロの影響なのかも知れないなぁと思い安全対策なら仕方ないとあきらめる。荷物預かりは500円ということだったので、もったいないと思い荷物を持ったまま、ナンバーカードピックアップに。 ナンバーカードピックアップはさほど混雑もなくスムーズにすんだので、時間も早いので空いているかと思いながらエキスポ会場に入ると、一気に混雑。 
 ウェアや小物、補給用のゼリーなど一通り準備してきたので、特に新たに買い求めるものもない。
あくまで目的はレースなので無駄に疲れるのも、ばからしい。
 帰宅ランやウルトラマラソンで使うのに便利そうなランニングバックパックが1000円というものを見つけ、ぐらっとなったがよくよく見るとサイドポケットがないのでボトルが入れられない。ハイドレーションはトレランには便利かも知れないが、旅ランには自販機でボトル購入の方が簡単なので、自分の場合は、サイドポケットは必須なんだよね、ということで何も買わずに、汚れ物や着替えを入れるのに便利なショップの袋などをもらって、フェアプレー宣言に署名してランドリー袋をもらって12時前には会場をあとにした。

 南阿佐ヶ谷のホテルに着いたのは13時過ぎ、さすがにチェックインはできずに荷物を預け、久しぶりのパール商店街を散歩する。
 サイゼリヤができたり、漁師系居酒屋ができたりしていて、阿佐谷を離れて10ヶ月近く過ぎたことを実感。テイクアウトできるおでんやさん、焼き鳥屋さんは健在 明日がレースでなければ、住んでいた頃みたいに缶ビールでも買って買い食いしたいなぁ いやいや、なんと言っても四文屋でもつ焼きに金宮の梅割だろう・・・ 来年はレース後も阿佐谷に泊まろうかな なんて、走ってもいないのに、来年も当選する気満々な愚かな54歳。

 現実に戻って、お昼は日高屋で生姜焼き定食の大盛り。カーボローディング期間中なので、炭水化物多めのつもり。
 本当は、カーボローディング中は炭水化物70%、タンパク質15%、脂質15%が理想というのが定説。そういう意味では、吉野屋さんのロース豚焼き定食は、炭水化物67%、タンパク質18%、脂質15% 朝食にはハムエッグ納豆定食が、炭水化物69%、タンパク質20%、脂質11%とほぼ理想的です。
 生ビールディスカウント300円継続中の誘惑にも負けず?に、食事を終えると14時 
 まだ早いので、本屋でクリールとランナーズを立ち読みする。購入するとすればクリールだが、荷物が重くなるので仙台に帰ってからにすることに。 クリールの特集記事は、コーチ四天王によるマラソンの脚の作り方」だった。結構、おもしろい特集だったので、この辺のことはまたあとで。
 
 阿佐谷時代にお世話になっていたスポーツ整骨院は15:00までだったので、寄っていこうかなと思ったが、右太もも裏が少し気になる程度なのでホテルに戻ることに。
 チェックインをして荷物の整理を行い、着替えをして久しぶりに善福寺川緑地をジョグ。
 阿佐谷住宅の再開発が始まっていて、更地になっているのには少し驚いたが、善福寺緑地の雰囲気はそのままで、春には、さくらがきれいに咲くのだろうなぁと思いながら走っていると、いろいろな思い出が押し寄せてきて変な感じ。
   ss-IMG_1734.jpg
 
 朝ランの時にお参りしていた須賀神社はそのままだった。
 10ヶ月ぶりにお参りし、明日のレースは最後までしっかり走ることを誓う。
   ss-IMG_1735.jpg

 6kmほどジョグして、ホテルに戻り、着替えと入浴 入浴のあとは、エキスポでもらったノンアルビールを飲んでから、吉野屋さんですき鍋御膳の夕食。お昼も豚肉だったので、ロース豚焼き定食は次回に(笑)  部屋に戻りナンバーカードやチップをつけ翌日の準備を済ませるとあとはすることもない。帰り道に購入した豆パンとヨーグルトを食べ、通販で買ったトップテンと牛乳を一本飲んで、睡眠導入剤を服用して、21:00前には就寝した。

2/23(日)
 目覚ましで例年通り?04:30に起床。冷たいミネラルウォーターを飲む。カットバンを貼り、着替えをして、荷物をまとめ、吉野家さんに朝定食を食べに行く。
 頼んだのはもちろんハムエッグ納豆定食(笑) ゆっくりかんで食べて、ホテルに戻り、2本目のトップテンを投入。スタートまでの補給用にミネラルウォーターにスーパーヴァームを溶かす。着替えやトイレを済ませ、荷物預けのビニール袋にバッグが入るか確認して、外の天気を確認したらスカイツリーが遠くに見えた。
 
 ss-IMG_1737.jpg
 06:45にはホテルをチェックアウトした。

 ハイアットリージェンシー前には、07:15頃に到着、3本目のトップテンを飲んでいると ほどなくA隊長と書道家S先生、少し遅れて2012に続き3回目の当選を果たしたA女史が登場、応援場所を確認した。
 今回は、A女史の応援もあるので曙橋と銀座とゴール地点の3箇所となった。A女史からは、どれくらいのペースで行けば大丈夫だろうかと、相談される。今年は、30km走はしていないとのことだが、20km走なら何度か練習をしているということ。キロ6分を切るくらいで走れるし、20kmではA隊長がかなわないこともあるという(A隊長談)
 6分10秒くらいで押して行けそうな感じもあるが、一緒に練習していないので余裕度がわからない、また、ペースが上がりすぎると30km過ぎで地獄を見そうなので、安全側に振ってキロ6分20秒前後で入るようにして、途中、自然にペースが上がるかも知れないが6分10秒以上はあげないこと。35km過ぎたらフリーということにして、4時間30分切りを目標に。

 07:45頃には、VO2MAXのクマご夫妻も激励に来てくれて、お二人には銀座の往復で応援していただけることに(^^)
 記念撮影をして、08:00に荷物預けに移動した。荷物を預け、階段を上がり、仮設トイレに並ぶ。手袋の中に小さな使い捨てカイロ、アンダーウェアの腰の部分に普通サイズのカイロを2枚貼って、ULジャケットを着ているが、それでも震えが来る。去年より体脂肪率が下がっているのでそのせいか なんて ぼんやり思う。

 トイレを済ませて、Aブロックに入ると08:30くらい。荷物預けの移動は08:00がリミットと再確認。 人混みの中に入ると、少しは温かい気もするが、寒さの震えが断続的にやってくる。途中で、銀色のエマージェンシーブランケットを身体に巻いている人もいたので、この次はまねしてみようなんて考えていると、隣のランナーがガーミンを高く持ち上げている。どうやら、衛星をとらえられない模様。 
 
 けっこうめんどくさいんだね、GPSウォッチ。というか、1kmごとに表示があるマラソンコースでGPSを使う意味がわからない。 1kmごとに時計見れば、十分ペースは確認できると思うんだけど・・・ まぁ、好き好きだけど、便利なはずのツールにスタート前に振り回されるなんて本末転倒じゃね?
 なんて、意地悪なことを考えていると、スタート10分前。一部のランナーが、防寒用の100均のビニールカッパを丸めて、生け垣の方に投げ捨てる(>_<)  一人が投げると、次々と投げ始める。 
 あんたたち、ランナーの資格無いよ(涙)

 長いので続きは追記で
 
 車いすの部がスタートしたところで、ULジャケットとイヤーバンドを外し、小さな袋に入れ、左手に持つ。
 カウントダウンが始まり、09:10 レースがスタート
 いつものように銀紙が舞う中、列が動き出す。スタートライン通過まで31秒 いつもならすぐ走り出せるのだが、微妙に列の動きが鈍い 少し、後だったか?
 最初のコーナーを曲がったあたりでようやく自分のペースで走り出せるようになる。大ガードの手前でランナーの少ない左側車線にコースを取る。最初の1kmで4分50秒くらい。
 昨日の身体ほぐしジョグに続き、久しぶりの実走、下りが続くのでペースが上がりすぎないように気をつける。抜いていくランナーも多いが気にしない。自分と同じくらいの番号のランナーのペースをみながら、視線を落とさぬよう意識して走る。2kmの標識を9分15秒くらいで通過 心拍は150台後半 風もさほど無いので、言い訳のできないコンディションだなぁ なんてことを考えながら走る。
曙橋のガードが見える。ガードを通り過ぎたあたりで、A隊長が応援うちわを振っているのが見えたので、すれ違いざまにULジャケットとイヤーウォーマーを入れた小袋を渡す。
いつも通りのナイスキャッチ(笑) 
 全般に下り基調だがペースは上げすぎないように注意する。一方で、抑えすぎると緩いペースにはまってしまい、そのままずるずる行くということもあるらしいのでさじ加減が難しい。
そうこうしているうちに5km地点 

5km 00:22:29 (0:21:57) 194/152
 スタートロスが約30秒あったので、実走は22分弱 入りの1kmは混雑で自分のペースで走れなかったので、まぁこんなもんだろう。
 最新のペースは、次の6km地点で確認することに。最初の給水はスポドリを取った。しばらく行くと、5kmの関門 それを過ぎると飯田橋の交差点 大きく膨らみながら右折し、左側に寄りながら走る。
 6km地点通過時に時計を確認すると、4分18秒くらい。心拍はきつくもなく楽でもないといった感じ。
 右足太もも裏に軽い違和感が出ているのが少し気になる。あぁ、やっぱり昨日、時間があったのだから整骨院によっておけばよかったと一瞬後悔する。
 今さらどうなるものでもないので、すぐに気持ちを切り替えて、7キロ地点あたりにいるヨーコさんを探す。目印は黄色いポンポン ヨーコさんを見つける前に、仙台時代の友人から声援がかかる。ナンバーカードから見つけてくれた模様 振り返って手を振る。 
 ヨーコさんは黄色いポンポンがよい目印となって発見することができ、こちらから声をかけることができた。 ヨーコさんにはその後も2回ほど見つけてもらい応援していただいた。
 後は銀座でA隊長とクマ隊長が応援してくれる予定なので、しばらくは走りに集中する。
 走りながら、前のランナーのナンバーカードを見て、自分のペースを確認する。
 登録の部男子はA10001から始まりA12805で終わる。自分のナンバーはA108○7で去年と40番しか違わない。一昨年の記録と昨年の記録も11秒しか違わない。となるとナンバーは持ちタイム順に並べているのは自明。
 さらには、同じくらいのナンバーは同じくらいの走力ともいえる。いろいろ走り方はあるのだろうが、同じくらいのナンバーが周りにいるうちは大きな遅れはないだろうと勝手に思う。7km過ぎに水だけの給水所があったが、すっとばす。
 
 隣にそら豆の着ぐるみのランナー 沿道からは、「マメー!」とか「そらまめ えんどうまめ どっち?」とけっこうな人気。 この着ぐるみの豆さん なかなか追い越せなくて、10kmあたりまではほぼ併走 というか、10kmのチェックポイントは先行された(>_<)
「着ぐるみに負けても 気にするな、集中、集中!」と思うもプチ凹みしながらラップボタンを押す。

 10km 00:44:08 (0:43:36) 0:21:39 164/160
 設定は、30キロまで4分20秒なので、限りなく設定通り! 心拍はさほど上がっていないので行けるかもなんて思っていると10kmの給水所 ここはアミノバリューがあるので一口給水。 走りに集中できているのか1kmごとの表示が見えてくるのが早く感じる。太もも裏の違和感もあまり広がっていない。東京タワー 増上寺を右に見ながら、日比谷通りを進む。芝公園を過ぎて首都高の高架あたりで、トップグループとすれ違う。
 芝公園の水だけの給水所はパス。 どうしても給水の時にスピードを落とさざるを得ないし、そこからペースを上げるのはそれなりに負荷がかかる。今日は気温も低いので給水も最小限で行く計画。
 給水を飛ばしたおかげで、そら豆さんより先行 せこい作戦である。

15km 01:05:40 (1:05:08) 0:21:32 165/162
 15kmのラップも微妙に上がっているがほぼ設定どおり。去年は風が強くてこのあたりで、すでに余裕がなくなっていたような記憶があるが、今年はいい感じ。
 だよな、あれほど頑張ったんだから・・・と思いながら、折り返しのコーンにタッチしながらターンする。
 日陰になるので、下げていたアームウォーマーを肩口まであげる。田町のあたりの給水所には食べ物もあったらしいが記憶にない。水しかなかったのですっ飛ばしたせいだと思う。前夜から投入したトップテン3本のおかげか、空腹感も全くない。 ひたすら前を向いて20km地点を目指す。
 
20km 01:27:13 (1:26:41) 0:21:33 167/162
 20kmのラップは21’32” キロ4分18くらい おーし、まだまだ行けると思った瞬間、じわりと右太ももに加え、左股関節の付け根外側に鈍い痛みが出始める。日比谷交差点を曲がると21km地点 その先には中間点。中間点通過時にラップブタンを押す。20キロからのラップは4分43秒 スタートからのスプリットは 1時間31分54秒 ロス31秒をひくと・・・ うーん計算できない(>_<) 後半もこのペースで刻んでいければ、なんとか3時間5分は切れるだろう 今は走りに集中だ と言いきかせる。
 銀座に出ると応援も一気に増えるので微妙にテンションが上がる。銀座4丁目の交差点を左に曲がり高架の下あたりで待っているはずのA隊長とクマ隊長を探しながら走る。 A隊長たちを発見、ハイタッチして通過。22kmあたりでクマ妻さんが用意してくれた幟を発見 手を振りながら通過する。
 再び走りに集中 給水所は水だけだったのでパス ここにもなんか食べ物があった模様だが、固形物なので飲み込むのが面倒なのでパス。そういえば自分でパワージェルをフラスコに入れていたのを思い出して、ウェストポーチを前に回して取り出す。何で最初から前に回していないかというと、ウェアの下に入れていると、おなかが出ているみたいでいやだから(笑) 水天宮を過ぎて左に曲がると25kmの関門が見えてくる。

 25km 01:48:41 (1:48:09) 0:21:28 167/164
 ラップボタンを押すと、中間点からの時間なので 16分40秒台を指す。中間点のラップは確か4分40秒台だったので足すと、・・・・ 計算できません(>_<) まぁ、22分を超えていないのだけは確かだな なんて思いながら走る。
 蔵前のあたりで、右足太もも裏の違和感が鈍痛というは強く張っている感じに変わってくる。心肺はまだ余裕なだけに、いやな感じ。蔵前の先では、東京で仕事をしていたときのカウンターパートナーのKさんが名前を書いたボードを持って待ってくれているはず。
 確か、給水所の先といっていたはずと思い、目をこらすと大きなボードを持ったkさんが見える。
 「Kさぁん」と声をかけて、手を振って通過。雷門が近づくにつれ、太もも裏の痛みがひどくなってくる。 
 「痛みがあるときこそ、前を向いて集中! 集中!」と心の中で独り言。雷門前を通り過ぎて折り返す。
 蔵前駅のあたりで、地下道を渡って反対側に渡ったKさんに再び手を振る。

 30km 02:10:25 (2:09:53) 0:21:44 166/164
 30kmのラップは21:44 キロ4分20秒を少し超えてしまう。心拍に余裕はあるのに痛みのせいかなぁと思うとだんだん不安が広がってくる。 なんの、残りはたった12km!と気合いを入れ直す。
 
 が、ここに来て右脇腹が痛み出す。うー、そんなに無理してペース維持しているつもりもないんだけど(涙) 走りながら、右手で脇腹を押さえると少し痛みは柔らぐが、手を離すとまた元に戻る。少しペースを落としてみるが収まる気配はない。これまで、身体や脚が動かなくなったり、息が上がってしまうことはあるが、この痛みは初めて。
 ペースを落としたのを機会に、30kmを過ぎたので、まずは予定通りパワージェルを補給することに。
 後ろに回していたウェストポーチを再び前に回す。ジッパーを開けてフラスコを取り出すが、疲れもたまっていたのかフラスコを落としてしまう。一瞬、迷うが思わず立ち止まってしまい、後続のランナーと接触してしまう。慌てて謝りながら、何とかフラスコを拾う。急に立ち止まってしゃがんだため、足がけいれんしそうになる。
 フラスコからジェルを飲み込みながら再び走り出す。ウェストポーチが前に回ってベルトの位置が変わったためか、右脇腹の痛みが消えていく。
 おーし、これなら行けるかもと思い、おそるおそるペースを戻していく。接触したランナーにあらためてお詫びをしながら抜き返す。
 脇腹の痛みは収まっても、太もも裏の痛みが消えたわけではない。一度切れかけた集中力を、再び戻るよう視線をあげて前を向いて走る。32km過ぎで、「ちょこランさ~ん!」と声がかかる。クマ隊長 クマ妻さんからの声援! 振り返って手を振る。 
 33キロ過ぎには、エイド333 雁坂を走るたびにお世話になった女将さんたちが毎年設置する賑やかで楽しいエイド。 大きな女将の手が見えたので、「女将さーん」と声かけしながら通過 大声援を返してもらう。
 銀座4丁目交差点を左に曲がり築地の交差点をさらに左に曲がると35km地点

 35km 02:32:35 (2:32:03) 0:22:10 167/164
 腹痛でペースを落とした割には、4分30秒を割り込むほどではない。よーしまだまだ行けると言い聞かせながら、入船橋の突き当たりを右に曲がると佃大橋が見えてくる。疲れた身体と気持ちには佃大橋が、一瞬 テレビコマーシャルのべた踏み坂に見えたりして(笑)
 身体を前に倒し、腕をたたきつけるように振る。どうしても視線が下がってしまう。橋沿いに立つマンションからもガンバレの声援を受け、何とか登り切る。二つ目の橋を渡り左折しながら春海橋を渡ると38キロの給水地点。
 水をとって、痛む脚にかけて必死にペースを守る。ペースが上がっているわけではないが、周りのペースが落ちているのでおもしろいように前を行くランナーをとらえていく。
 ずいぶん前に追い越された赤いモヒカンのランナーやランニングウェアの背中に手書きで日の丸を書いたランナーの背中が徐々に大きくなってくる。ここまで来たら一つでも順位をあげたい。ひたすら前を追う。

 40km 02:54:35 (2:54:03) 0:22:00 171/168
 40kmのラップは、かろうじて前のラップを上回る。ウェストポーチはじめから腹側に回しておけば脇腹痛くならなかったかなぁ なんて 今さらながら思う。給水所で水を取って、もう一度太ももにかける。
 有明コロシアムの交差点を左に曲がると最後の登り。残り1kmの看板が見える。下りきって、ビッグサイト前の交差点を大きく左折。
 しっかり走っていたつもりだったが、応援していた長女にいわせるとふらふらと蛇行していたらしい。
 走りながら、自分で作って家族に持たせていた応援ボードを探す。直線に入り1/3くらいのところで、無事発見 家内と長女が周りと一緒に手を振ってくれている。けっこうノリのいい応援でうれしかったりする。あとはA隊長と思ってうちわを探すが見当たらない。
 ゴールゲートに向かう最後のコーナーが近づいてきても、うちわは見当たらない。おかしいなと思っているところに左側の歩道から、「○○ーっ!」の声がかかる。(あとで聞くと銀座でO女史を待っていて遅くなったらしい。) 
 コーナーを曲がるとドーンとゲートが見える。一瞬、ゴールってこんなに近かった?と思うくらい。 
 よく見ると「42km」の表示 そうだよね(涙) 42kmのゲートをくぐると、残り195m 公式時計を見ると3時間3分台を示している。そのとき思ったのは、自己ベスト確実という思いではなく、何とかグロス3時間3分台でフィニッシュしたいというものだった。
 必死のラストスパートのつもりだが、時計の表示は刻々と進む。フィニッシュゲートまであと20mくらいのところで3時間4分を示すのが見えた。 あぁ、4分切れなかったかぁと思いながら、腕を上げることもなく、しれっと時計を止めながらフィニッシュゲートを通過。
 
 Finish 03:04:04 (3:03:32) 0:09:29 176/171
 あぁ、終わった と思いながら歩いて行くと脚ががくがくして、ふくらはぎがつりそうになる。
  TEAM SMILEのボランティアさんが、フィニッシャータオルを掛けてくれながら、お疲れ様 おめでとうございますと 声をかけてくれる。 
 自己ベスト更新のうれしさの反面 これだけ頑張ってもサブスリーまで、グロスであと4分、ネットで3分30秒 1キロあたり5秒削り出さなければならないのかと設定どおり走れたとはいえ、サブスリーへの道の険しさをあらためて突きつけられた感じもしながら、とぼとぼ歩く。 
 TEAM SMILEのボランティアさんは 笑顔で、お疲れ様! 頑張りました! と口々に声をかけてくれる。

 みんなから笑顔でお疲れ様と言っていただいているうちに、 そうだよね、頑張ったよね おれ  設定通りの走りで自己ベスト更新だよ。 グロスで2分18秒くらい 縮めているから、秒単位のなんちゃって自己ベストじゃないしね 
 うん、がんばった 自己ベスト更新だ と素直に思えるようになったら、涙が出てきた。 

 荷物を受け取り、着替えの前にカメラを取り出し、TEAM SMILEのかたにお願いしてシャッターを押してもらう。
  ss-CIMG2196.jpg
 ブログで応援コメントいただいた皆さん FBで追っかけ応援いただいたparaさん cujiraさん ありがとうございました。
 一緒に走ったhoneyさん 教えてもらったトップテンのおかげで、レース中も空腹感を感じることなく、人形焼きもバナナもトマトも食べませんでした。自己ベスト更新出来たのはトップテンのおかげ、ということはhoneyさんのおかげでもあります。今度、お会いしたらビールしこたまお注ぎします(笑)
 そしてTEAM SMILEの皆さん 本当にありがとうございました。 おかげさまで、自己ベスト更新出来ました。 これからも精進します。


 ゴール後は、A隊長達や家族と合流したあと、記念撮影をして、箱根に向かった。
 家族との箱根旅行は、予約していた定期観光バスが、大雪のため運行中止となってしまったというアクシデントがあったが、温泉とおいしい食事、箱根登山鉄道で雪の彫刻の森美術館にいったりして楽しい旅行になりました。
 ss-CIMG2205.jpg
ss-CIMG2207.jpg

Comment

Name - NEKO  

Title - 

いや~!いつもちょこランさんの完走記は一緒に走ってる気になります。
そんなに速くないど昨年のレースをリアルに思い出しワクワクしました。
来年は当選したいなぁ~
奥さまもお嬢さんも見直したでしょう。
改めてお疲れさまでした。
2014.03.09 Sun 19:24
Edit | Reply |  

Name - ちょこラン  

Title - 

NEKOさん
忘れた頃の記事にコメントいただきありがとうございます。
東京マラソン 来年は一緒に走りましょう(^.^)
2014.03.10 Mon 07:25
Edit | Reply |  

Name - honey  

Title - 

ビールしこたまねっ♪覚えとこうっと!
記録更新、ほんとよかったね。おめでとうございます。

あたしも・・トップテン、一本いっときました・・・
56年生きてて初めて知った「扁平足」には、効かなかった(笑)
来年?の横浜マラソン・・狙うわっ!?
・・・懲りてない自分が怖い・・・(-"-)
2014.03.10 Mon 23:35
Edit | Reply |  

Name - ちょこラン  

Title - 

honeyさん
改めて東京マラソンお疲れ様でした!打ち上げでビール飲めないなんて頑張りすぎですよ。TOPテン 効果ありました!
次にお会いしたら、しこたまおつぎしますので(^.^) で、フロストバイトですかね(爆)
2014.03.11 Tue 07:53
Edit | Reply |  

Name - かおる  

Title - 

ほんとに毎度ちょこランさんの完走記はおもしろい。本気で頑張っていいタイム出したという記録なのに、あちこちにちょこラン節、そら豆さんと張り合ってるとことか、フラスコをうしろに回してた理由とか、ついつい声出して笑っちゃうんです(^^ゞ

ラストまで切れない頑張りはやっぱり家族の支えが大きいのかな。それともハニーちゃん推薦のトップテン(^^ゞ 来年のちょこランさんはやっぱりさらに上をめざしちゃうのかな~。本当によく頑張りました~。パチパチパチ・・・
2014.03.11 Tue 16:56
Edit | Reply |  

Name - くじら  

Title - 

しっかり練習されてご自分を分かった上でのペース設定でPB更新。
ゴール後の達成感はその努力のご褒美ですよね。
絵に描いたような見事さに加え、この完走記でまた感動です。
そして、paraさんとの追っかけ応援団は即席の結成でしたけど楽しませていただきました。

2014.03.12 Wed 06:45
Edit | Reply |  

Name - kanreki  

Title - 

長文は斜め読みすることにしているので読み終わって?コメントを見ると、もう一度読もうという気になって後ろから読みました。技術系の緻密さに大雑把人間の私には真似できない、というのが結論でした。PBおめでとう。
2014.03.12 Wed 12:35
Edit | Reply |  

Name - ちょこラン  

Title - 

かおるさん
いつも完走記におつきあいいただきありがとうございます 。
本人は割と真面目に書いてるつもりなんですけど、、、(汗)
サブスリー もう少し頑張ります!
2014.03.14 Fri 07:32
Edit | Reply |  

Name - ちょこラン  

Title - 

くじらさん
あらためて応援ありがとうございました!
フィニッシュ後、FB見て私も楽しませていただきました。 今年は一緒に走る機会があるよう願っています。
お酒だけでもいいな(笑)
2014.03.14 Fri 07:37
Edit | Reply |  

Name - ちょこラン  

Title - 

kanrekiさん
長いですよね(笑)
後ろからでもおつきあいいただきありがとうございました! 技術屋ですけど仕事では、それほど緻密ではありません(汗)
2014.03.14 Fri 07:42
Edit | Reply |  

Name - 星峰  

Title - 

久々の花の都は多分ゴミゴミした感じがしたのではないかしら?

それにしてもちょこランさん感想記はいつ読んでも楽しいね~
その場所にいなくても逐一状況が手に取るように分かるもの・・

大会の後の家族旅行、これまたいいね~
雪は身飽きているでしょうが、雪の箱根ってこれまた情緒が
あってよかったでしょうね・・
2014.03.20 Thu 12:57
Edit | Reply |  

Name - たこぽん♪  

Title - 

改めてお疲れさまでした♪
おととい板橋フルを走ったばかりなのに、
チョコランさんの記事を読んでいたら、
またしてもフルを走らせて頂いた気分です(笑)
私もハズレ女ですが東京マラソンは一度経験したいです(*^_^*)
私の目標は打倒ガーミンになりました(笑)
2014.03.25 Tue 23:21
Edit | Reply |  

Name - ちょこラン  

Title - 

星峰さん
レスが遅くなってすみません。
長文にお付き合いいただきありがとうございました。東京は懐かしかったですよ^_^また、遊びに行きたいと思いますのでその時はゆっくり話がしたいですね(^o^)/

たこぽん♪さん
板橋シティマラソンお疲れ様でした。風が強くて大変だったのでは?
打倒ガーミンは、バーチャルランナーみたいなもの?ペースセッターに使えますかね?
2014.03.26 Wed 07:38
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。