目指してるのか?サブスリー 酒とジョグとカメラの日々

57歳サラリーマンのマラソン練習と飲酒とカメラの記録

LSD180とお山の手すり 

11/17
 昨夜、帰宅が遅かった長男を待っていたためか、家内がおきてこない。コーヒー飲んで、冷凍ご飯とソーセージソテー、納豆とインスタントの味噌汁でおひとり様朝食。 
 横浜国際女子マラソンが見たかったので、午前中のうちにLSD180。ウェストポーチにはティッシュ、スマホ、小銭を入れて、e3グリップを握りながら、のんびりスタート。
 昨日に続いて、穏やかな天気なのでLSDも気持ちがいい。コースは、自宅横の広瀬川土手から西公園、青葉城隅櫓、県美術館、川内の坂をぐるっと回る6.3km
 昨日の35km走のあとに、アイシングとストレッチをしているので、特に張りや痛みの違和感もない。まぁ、少しは足が重いけれど。1周ごとに、スタート地点に置いておいたボトルから給水。 1周ごとのラップは次のとおり
43'27"(143/125) 6'54"/km
44'04"(174/126) 7'00"/km
42'46"(142/128) 6'47"/km
42'28"(143/131) 6'44"/km  25.2km 2:52'46"
2周目の最大心拍174は、センサーベルトが緩んで腰まで落ちてしまった時のエラーだと思う。
3周目の終わりで、コンビニ グレープフルーツジュース投入 美味しかった(^^)
ストレッチをしてから、流し3本で練習終了。
 シャワーを浴びて、鍋焼きうどんを食べながら、マラソン観戦。 増田さんの小ネタ解説も、あそこまで来るとなんだか、煩わしい。 瀬古さんのただの感想よりは、ましだけど。

 CMの途中で、チャンネルを換えたら、群馬県にある荒船山の展望台に手すりを付ける、付けないでもめているとかいないとか。 この山は、クレヨンしんちゃんの作者が転落死したところで、今年に入り3件の事故が発生しているらしい。 で、テレビ番組では「展望台」といっていたけれど、客観的に見たら山頂につながる登山ルートにある艫岩展望台と呼ばれる場所、いわば登山道の一部。そりゃ、見晴らしが良くて平らかもしれないけれど。
 地元山岳会の方は、「荒船山では登山道の途中から滑落死した遭難事故が過去1件あったが、艫岩から転落する人間がでたのは、ごく最近のこと。」とのコメントだった。
 で、落ちて死んだ人のデジカメに残っているのは、崖下を撮した画像とのこと。自分で危険な行為をして落ちてしまうというのもなんだかなぁ。
 艫岩での登山者へのインタビューでは「強風が吹いたら飛ばされそうになるので、危険を感じる。(だから、手すりがあったほうがいい・・・)」という意見もあれば「山は自己責任が原則。手すりは不要」という意見もある。インタビューの最後は「絶対、手すりは必要だ!」という登山者で締めくくっていたので、番組的には「手すりを付けるべきだ」に持って行きたかったのかな?ばかばかしくてマラソンにチャンネル戻したからわからないけれど。
 
 「山」とは傾斜があって標高が高い場所 滑落すれば死ぬこともありうるのは、少し考えればわかると思うんだけどね。
 落ちたら死ぬかもしれない場所には手すりをつけるべきだ つけないのは行政の怠慢だ!とかいう人が増えると、手すりがつけられちゃうのかな? 
 地元山岳会の方のコメントからわかるように、登山者にもいろいろな人が増えているんだろうな。

今日の走行距離:25.2km
今月の走行距離:255.3km

Comment

Name - たこぽん♪  

Title - 

お疲れ様でした!!!
ティッシュ携帯は、あれから完璧ですね(*^^)v
増田さん・瀬古さんの下りに大ウケしてしまいました!
私も同じ気持ちでいつも解説を聞いていた気がします(笑)
手すりはどうなったんでしょうね…
2013.11.19 Tue 00:33
Edit | Reply |  

Name - ちょこラン  

Title - 

たこぽん♪さん
はい、ティッシュは万全です(笑)
増田さんの小ネタは、テレビのバラエティでも取り上げられていたようですw

手すりは取り付けられなければいいなと思ってます。
2013.11.19 Tue 09:26
Edit | Reply |  

Name - kanreki  

Title - 

宮古の大会が66歳以上出場禁止になっているのも同じような理屈かな。トラの大会で亡くなっているほとんどの方の年齢層は40~50歳代なのですが。解説と言えば、この前のオランダ戦の解説に中山ゴン元選手が出ていましたが言いたい放題で面白かった。
2013.11.19 Tue 09:48
Edit | Reply |  

Name - ちょこラン  

Title - 

kanrekiさん
 主催者側なりの考えはあるのでしょうが、スポーツはそれなりにリスクを伴うので、最後は自己責任だと思うのですけどね。40~50歳代は仕事と並行してトラに打ち込んだりするので、リスクが大きい? あたしが結核性胸膜炎になったのは30代後半でした。
2013.11.20 Wed 22:37
Edit | Reply |  

Name - 星峰  

Title - 

昔は富士山登山マラソンを初め、多くの大会で高齢者
この頃は60歳からだったか?参加□出来なかったんですよ・・
それに比べて最近は本当の高齢者でも参加OKになって
きました。自己責任でと言う約束がありますが、それで
も何かあれば文句を言う方がいる・・どの世界でも自己中
の方が多いのかもね・・
お山だって、スリルがあるからお山なのに、自然を壊して
まで設備しなくてはならないなら登るな~ぁっていいたいね。
あ”意に反していますが、トイレだけはお願いします・・(笑)
2013.11.21 Thu 10:01
Edit | Reply |  

Name - ちょこラン  

Title - 

星峰さん
誓約書 書いていながら文句をいうとか、いろんな人がいますね。
コースに砂利道があるのはいかがなものか という人もいるし(>_<)
みんな、同じ条件なんだから嫌なら走らなきゃいいんだと思うのです(笑)

お山のトイレ問題は、いろいろな意味で切実です(>_<) 
あたしは、登山の前は、道中にお腹痛くならないように、食べ物に気を使います その点、旅ウルトラは気楽です(^^)
2013.11.21 Thu 22:36
Edit | Reply |  

Add your comment