目指してるのか?サブスリー 酒とジョグとカメラの日々

57歳サラリーマンのマラソン練習と飲酒とカメラの記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大江戸ナイトラン111km完走記 前編 

大江戸ナイトランは 3/2 22:00スタート 
 道幅一杯に広がるランナー
 ss-CIMG1929.jpg

 興奮することもなく、星峰さんと淡々と走る。適当に先に行っていいよといわれ、自然に前に出るが、信号で引っかかるとまた一緒というパターンが、少し続く。そうこうしているうちに、前に出ていつの間にか単独走。
身体が温まってきたので、ウィンドブレーカーとペラシャカのパンツを脱ぐ。
 時間は22時を過ぎたばかりなので、このまま、着ていると明け方の寒さをしのぐことができないと思ったので。
もう1枚、モンベルのULジャケットは持っていたけどね。着替えている間に、どんどんランナーが通過する。星峰さんも通過。

 着替え終わるとほぼ最後尾? 別に順位を競うわけではないので、自分のペースで走り出す。
 しばらくすると、星峰さんに追いつく。体調不良で口唇ヘルペスが出ているし、医者もはしごしてきたと言うが、しっかりした走りをしているように見える。さすが、お師匠さん。 ちょっと、あいさつをしてまた先行。
 
 歩道も狭く、あれているのでハンドライトで足下をしっかり照らす。
 3/1に出向元から内示があり、くれぐれも(仕事で)無理をして、身体壊さず、元気にもどって来てくれと言われているので、ここで転倒してケガをするわけにはいかない。何より、ケガや事故は主催者さんや一緒に参加しているランナーに迷惑をかけるからね。
 時折、二桁のナンバーカードのランナー この人たちは昨年の203kmの完走者。小江戸の91kmを強風の中クリアして大江戸111kmに突入している強者たち。ただただ、尊敬 ここまで頑張っている人に「頑張れ!」とは言えないし、そもそも、111kmしか走らない、おまえがもっと頑張れよ!だよね。
 追い越す時に「ナイスラン!」と声をかけると、手を挙げてくれたい、「ありがとう!」と返事をしてくれる。やっぱり、走り旅系のウルトラはいいな。
 英ICを越えたあたりから、女性ランナーが後ろについてくる。しばらくして、信号待ちで一緒になった時に、お互い「女将の手」をつけていることに気付く。
 それがきっかけになり、一緒に走ることに。千代田走友会の方とのこと。
 自分が甲州夢街道215kmを走る時、千代田の0さんの完走記が大変役に立ったこと、笹子トンネル前の私設エイドでお世話になったことなどの思い出話で盛り上がる。身体も温まり、結構いいペースで走る感じになり、次々に前のランナーをパスする。
 自分としては、3/3の午後2時までにフィニッシュするつもりで、設定ペースは信号待ちやエイド休憩含めてキロ8分30秒くらいのつもりだという。彼女もそれくらいだと言うが、速いペースは止まらない。
 板橋に入ると、前方にデビルマンが見える。雁坂143kmもデビルスーツで完走しているヒーロー。航空公園の3種目耐久(5km+フル+8時間走)でもよくお会いする変わったお仲間。今回は203kmに参加することはブログで知っていたが、足下はサンダルみたい・・・すごすぎる。 デビルー!ナイスラン!」と声かけして撮影

 ss-CIMG1930.jpg  ss-CIMG1931.jpg


 並走している彼女が、デビルがいるならガッチャマンもいるはずだと。前を見ると白い影! みんなすごいよ。 ガッチャマンからは、前を行く203km組を全部飲み込むくらいの勢いで走れ!とけしかけられる。いや、それはちょっと(笑) 女性ランナーから、ペースをつくってもらえて、走りやすいと感謝される。そ、それほどでも・・・(笑)
 成願寺エイド(km)には02:22に到着 予定より30分ほど早い。しだれ梅が咲いていた。
 ss-CIMG1934.jpg ss-CIMG1933.jpg

 トイレをすませて、暖かい室内でナンバーカードを示して、タイムコール。
 温かいスープとゆず茶、バナナ、イチゴ、クッキー、グレープフルーツ、トマトなどをいただく。203kmのランナーたちは、イスに座り込んで放心状態の人も。頑張れ!と心の中でエール。
 ガスター10を投入したり、バックパックの中身を整理したりしているうちに、並走してきた女性ランナーは、先に出発した模様。明け方の冷え込みに備えて、ウィンドブレーカーを再着用。ゼッケンベルトを使っているのでこういう時は便利。
 入り口で誘導しているスタッフにお礼を言って、走り出そうとすると、小柄でバクラバで顔をおおった別な女性ランナーから、「さっき、信号待ちの時に聞いたんだけど、都内を試走しているんですよね。後ろをついていっていい?」と声をかけられる。 「もちろん、いいですよ 完全に把握しているわけではないので、途中、地図を見ながらになりますけど」と答える。一気に責任重大?
 1月の試走は、都庁からだったので、まずは迷わずたどり着かなければ(笑) 走りながら、お話しを聞くと、萩往還、スパルタスロン、ツールドモンブランの完走経験があるWさんとおっしゃるアラカンのベテランランナーだった(汗)
 私の師匠(星峰さん)も同じくらいの年齢の女性ですというと、「アラカンの女性に縁があるみたいね」と言われる。
 交差点名を確認しながら、都庁第一庁舎前に至る道路に到着。ここから東京マラソン、スタートしたんだよね。もう一週間たったのかぁという感じ。
 庁舎の看板前には真夜中というのに一台の自転車。この寒い中、私設エイドの方である。写真を撮ってから、お菓子をいただく。ふと,見ると成願寺エイドまで一緒だった女性ランナーがいる。私設エイドの方に、「胃薬はもっていませんか?」と聞いている。どうやら、胃痛で苦しんでいる模様。
 痛み出してから効果があるかわからないが、1錠だけ残ったガス10をあげる。最後の1錠だったが、成願寺エイドで投入しているので、8時間は大丈夫、その頃には夜が明けているし,街走りなので薬局もあるだろう(笑)
  ss-CIMG1935.jpg
 ここから先は、試走をしているのだが、昼と夜では雰囲気がだいぶ違うし、1ヶ月半経ってるからね。 地図を見ながら慎重に進む。首都高に沿って左折し、富ヶ谷交差点に近づくと、前から3人のランナーが向かってくる。ん?と思っていると「都庁はどっちですか? もう、行って来たのですか?」と聞かれる。どうやら、成願寺エイドを出たあと、左折する交差点を間違えてミスコースした模様。
 戻り方を教えて、代々木方向へ。原宿駅の歩道橋を渡るときにWさんから、ランチパックをいただく。

 表参道は緩い登り Wさんが「ここは30歩走法で行きます。」という。30歩を歩いたら、30歩走るというものを繰り返すとのこと。疲労ピークの時や登りの時に際限なく歩き始めてしまうことを防ぐための作戦らしい。なるほどね と思っておつき合い。歩きと走りでは、使う筋肉が微妙に違うのか、歩いているときにリフレッシュされるよう。 表参道から西麻布に入るまで一緒に30歩走法を繰り返す。

 グランドハイアット前には03:56 到着。モニュメント?を撮影し、マップケースの地図を入れ替えるなどして、けやき坂を下りる。
 ss-CIMG1936.jpg
 
 このあたりは、なんだかお洒落な店が多くて、オールで遊んだOLさん達がかっ歩している。夜通し遊べる街は新宿なんかもそうだけど、同じオールした人でも、なんかお洒落だよね。

新宿→泥酔 もうまっすぐ歩けません 
六本木→お洒落な店で、ほどほど飲みをいくつか繰り返してコーヒーなんか飲んで帰るところ・・・ 

 夜通し飲んでる人間もなんだけど、夜通し走ってる自分もいかがなものかと思ったり。
 赤羽橋交差点で信号待ちをしているときに、突然Wさんが電柱に寄りかかり、動かなくなる。だ、大丈夫ですか? と声をかけようと思ったが、どうやら立ち寝している模様。 信号が青になり、東京タワーに向けて前進。
 タワーには04:20到着 さすがにライトアップは終わっている。 
 ss-CIMG1937.jpg  ss-CIMG1938.jpg

 撮影を済ませて、Wさんを見ると携帯で撮影に手間取っている模様。携帯をのぞき込むとワンセグ録画モードになってしまい、切り替えができないとメッセージが出ている。一度、電源を入れ直すことを提案、立ち上がりまでに時間がかかったが無事に撮影完了。さぁ、行きましょうか となったときに問題発生(>_<)
 Wさんが地図を落としたという。どうやら、赤羽橋で立ち寝したときらしい。戻れない距離ではないが、そこで落としたかすらわからない。今度のコンビニでコピーかなと思っていたら、スペアの地図を持っているとのこと。ただし、それは去年の地図で、都内コースが変更になっているので浅草を抜けて本郷に入るあたりまで、連れて行って欲しいとのこと。もちろん、了解(^^)
 
 てな感じで、芝公園、新橋を通って、日比谷方面に向かう。途中で、Wさんが眠気覚ましに缶コーヒーを買うという。夜間走行が入るウルトラの前には、一週間、カフェイン断ちをするという。そうして、レース中にコーヒーなどカフェインが入った飲料を取ると、カフェインに対する耐性が落ちているので目覚まし効果が大きいとのこと。なるほどねぇ。 2,3日お酒抜いたあとにビールを飲むと酔いが早く回るみたいなもんかぁ と納得しながら、皇居そばのこあしすエイドを目指す。 

後半に続く

Comment

Name - 星峰  

Title - 

どうもちょこランさんは、中年に寄り添えられてしまうのかな??アハハ~~

そうよ~オバタリアンは、色々な意味で強いよ~~(笑)

そうそう、私は歩き寝を二回しましたよ~(^^ゞ
その時の状態は本当に辛い・・寝ないよう寝ないよう
我慢をするんですが、その数秒間は気がおかしくなりそうです。

ちょこランさんが一緒した方同様、坂とか、疲れてしまった
時は、私も早歩きとランを繰り返します。
でも~今回一緒に走られた方のように、走るスピードは全く
違いますけどね・・・(汗)
2013.03.07 Thu 08:25
Edit | Reply |  

Name - たこぽん♪  

Title - 

昨日はお忙しい中ありがとうございました^^
もっとお話し聞きたかったですが時間切れでした(笑)
改めてちょこランさんの凄さを感じました!
で、カフェイン断ちとアルコール断ちは共通?なんですね(笑)
メモメモしておきます( ´艸`)
2013.03.09 Sat 00:49
Edit | Reply |  

Name - ちょこラン  

Title - 

星峰さん
中年というか・・・ なぜなんでしょうね(笑)
ご一緒した方と幻覚の話をしましたが、その方も歩き寝をすると言っていました。
女性は強いと思いました。

たこぽんさん
こちらこそ、ありがとうございました。楽しかったですね(^^)
あ、アルコール断ち明けの一杯はすごく効くけど、二杯目からは普通になります。
このへんは メモは不要です。
2013.03.09 Sat 01:06
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。