目指してるのか?サブスリー 酒とジョグとカメラの日々

57歳サラリーマンのマラソン練習と飲酒とカメラの記録

忘れた頃のベルギー・スペイン出張(前編?) 

 大田原マラソンの翌日、疲労抜きジョグをしたあと、あわてて、パッキングをした。
 不慣れな海外出張なので、一日かかりか?と思ったが、昨年のパッキングリストがあったので、それをチェックしながら、進めていったら3時間くらいで何とかなった。 記録は大事だな、と思った。
 11/25の日曜日には、05:00くらいに起きて、着替えをして京成で成田に向かった。去年はスカイライナーを使ったが、今回は大田原で往復新幹線という贅沢な真似をしてしまったので、支給旅費通り、有料特急は使わなかった。
 08:30くらいに、係長と待ち合わせ、速攻 チェックイン 荷物も預け、保安検査、出国手続きと進んだ。

 搭乗する飛行機は昨年と同じA380
 ss-IMG_1053.jpg
 最後尾の席だったので、トイレが近いのはよかったかな うるさかったけど。 
 ss-IMG_1054.jpg
 食事の時には赤ワインをいただいた。前回はCAに発音を直された「ロォトヴァイン」も今回はうまく通じた・・と思う。
 ss-IMG_1056.jpg
 乗り換えはフランクフルト空港 今度の飛行機はA320
 ss-CIMG1478.jpg  ss-CIMG1477.jpg
 入国手続きを終えても、乗り換え時間に余裕があったので、缶ビールなんぞ飲んで過ごす。
 2.7ユーロの値段を確認してレジに行ったら2.95ユーロと言われ、怪訝な顔をしたら、缶のラベルを指さしながら何か、早口で言われる。わからないので、そのまま小銭を追加してビールを受け取る。あとで、聞いたらアルミ缶のデポジット代だったらしく、ドイツ国内ならどこのレジに持って行っても25セント返してもらえたらしい。
 どおりでゴミ箱に空き缶が捨てて無かったわけだ・・・
 ブリュッセル空港に着いたときには、とっぷりと日が暮れていた。ドイツからのメンバーと合流してホテルに着いたときには、21時を回っていた。
 ss-CIMG1493.jpg
 チェックインしてから連れ立って夕食に行ったが、通訳がここにしようと主張したとこに入ってみたらなぜかイスラム系の店で、アルコールはおいていなくて、レモンティーでエビマヨみたいものを食べる羽目になった。
 なぜにベルギーまで来て、レモンティーでエビマヨなんだよ と思ったが、まぁしかたない。
 ss-IMG_1065.jpg  ss-IMG_1066.jpg
 阿佐ヶ谷のアパートより広い部屋
 ss-IMG_1068.jpg
 次の日は、一日、工場で仕事だったが、その前に真っ暗な中、朝ランをした。別に早起きをしたわけではなく、時差ぼけのせいで2時間おきに目が覚めたからで・・・
 ss-CIMG1499.jpg  ベルギー王宮(たぶん)ss-CIMG1502.jpg

 
その日の夕食は、ブリュッセル万博の跡地にある展望レストランで皆で食べた。メインは鴨肉のローストを選んだ。血の味がして美味しかった。 デザートはお約束のワッフル ようやく、ベルギーらしい食事が出来た感じ
 ss-CIMG1513.jpg  ss-CIMG1518.jpg  ss-CIMG1520.jpg

11/27は移動日 この日も満月の月明かりの中、グランプラス、小便小僧、ミッシェル大聖堂を回るイメージで朝ランをした。 ミッシェル大聖堂が一番、感動したかな・・・
 ss-CIMG1527.jpg ss-CIMG1536.jpg ss-CIMG1543.jpg  ss-CIMG1546.jpg
 ss-CIMG1547.jpg
 朝食後は、空港に車で送ってもらうはずだったが、農民のデモにより大渋滞が起きているということで、急きょ鉄道で移動することに。といっても、ドイツメンバーは土地勘が無いし、日本人通訳もなんかあてにならないし・・・ 結局、自分が用意していたガイドブックで中央駅か南駅には空港行きの列車が止まることがわかったので、トラムで南駅まで行き、ベルギー国鉄で空港に向かった。 「Lucht」は空、「haven」は港なんだそうだ。
 ss-IMG_1090.jpg  ss-IMG_1092.jpg ss-IMG_1094.jpg 

「私たちはブリュッセル空港に到着しました」と表示されている模様。
 ss-CIMG1562.jpg 
 ブリュッセル空港からバルセロナまで移動したあとは、フリーだったので、ホテルにチェックインしたのち、サクラダファミリアを観光した。
 ss-CIMG1502.jpg  ss-CIMG1570.jpg  ss-CIMG1573.jpg
 入場料は13ユーロだった。塔に登るエレベーターを使うと17ユーロとのことだったが、この日はエレベーターが動いておらず、また階段も使えず内部だけの見学となった。 数々の柱があって森の中にいるようなイメージもした。 まさに、工事中で、ステンドグラスが入っていない素通しの部分も目につく。 一箇所 目につくと気になってしょうがない? 工事中と思われる箇所を見つけるたびに喜ぶ?信仰心のかけらもない自分にちょっと幻滅したりする。
 ss-CIMG1575.jpg  ss-CIMG1594.jpg 
 地下はガウディの博物館となっていて、完成予想図や模型を製作している様子を見ることができた。
 ss-CIMG1613.jpg  ss-CIMG1611.jpg  ここでも、「模型作るより、本体工事がんばれよ」なんて思うわけで・・・
 罰当たりなことばかり考えていたせいか、外に出ると雨が本降りとなっていて、足元を濡らしながら観光客向けのバルでビールを飲んでタクシーでホテルに帰った。 
 後半に続く・・・ 


 

 
 

Comment

Name - kanreki  

Title - 

その通訳は日本人だったのならよっぽどの変人? 「血の味がして美味しい」なんてドラキュラ? ベルギービールは何種類飲みましたか?
2012.12.30 Sun 19:12
Edit | Reply |  

Name - ちょこラン@仙台  

Title - 

kanrekiさん
通訳は、ミュンヘン在住の日本人の方でした。鴨は肉の味がしっかりしていて美味しかったです。
変人のおかげでベルギービールは飲んだ記憶がありません。
2012.12.31 Mon 12:01
Edit | Reply |  

Add your comment