目指してるのか?サブスリー 酒とジョグとカメラの日々

57歳サラリーマンのマラソン練習と飲酒とカメラの記録

さくら道ウルトラ遠足2011(真昼の幻覚&ゴール編) 

 雨は上がっているが、気温が低いので雨具上下のまま、走りと早歩きを混ぜながら前進。
道の駅を過ぎると、1.8kmほどある長いトンネル。車が来るとトンネル内に反響し普通の車でも爆音となって神経に障る。歩道にも濡れているところや泥がたまっているところもあり気が抜けない。
 ハンドライトで歩道を照らしながら早歩きで進むのだが、歩道に何か字が書いてあるように見えてきたり、先の方に人がうずくまっているように感じたりする。もちろん、路面の汚れや壁面に設置してある箱なので、真昼の幻覚である。このトンネル内の幻覚にはしばらく悩まされた。

 トンネルをいくつか越えると合掌大橋 189km地点。雨はあがっているが風が強くウィンドブレーカー替わりの雨具が手放せない。帽子を飛ばされないよう気をつけながら橋を渡る。このあたりから富山県と岐阜県の県境が入り組んでおり、川を渡るごとに岐阜→富山→岐阜と県が変わる。道の駅ささら館を越える。
 道路の脇をきれいな水が流れていて、足を冷やすと気持ちよさそうだと思い、前方を見ると白ッぽいウェアを着たランナーが側溝に足を突っこんでいるのが見える。
 「アイシングかぁ 気持ちいいだろうなぁ」と思いながら近づいていくと、工事現場につながる脇道に立っていた「工事車両出入り注意」の看板だった(>_<)
 
 右手に高速道路を見ながら集落を進むと前方の坂の上にアンパンマンのマントのようなものをつけて歩いている人が見える。「あぁ、何かイベントがあってアンパンマンの着ぐるみが来てるんだ。」と思い、近づいていくと黄色のポンチョを着たランナーだった(>_<)
 真昼の幻覚、二連発・・・

 196km地点あたりの五箇山の合掌集落を左下に見て足をすすめると小原ダムにせきとめられた庄川が見える。これが晴れていたらきれいだろうなぁという何ともいえない水の色。エメラルドグリーンというのだろうか。 カメラを出そうかと思ったが雨具の下なのでめんどくさくて止めてしまったのが、いまとなっては悔やまれる。
 
 走っていると、一台の車が止まる。「どこまで歩いているのですか?」と助手席のおば様。
あぁ、走っているつもりでも歩いてるようにしか見えないんだなと、ちょこっと傷つきながら「金沢までです。」と答える。「え? で、どこから?」と更問。「名古屋からです。」
「え?? どうして? 何のために?」と更なるご質問。「えーと、JRバスの車掌さんがその昔、名古屋から金沢までのバス路線に桜を植えていったのだそうです。そのルートをたどって走る旅をしています。」 「はぁー・・・・でも、頑張ってね。 お気をつけて」とのこと。最初の「はぁー」はきっと呆れた「はぁー」なんだろうなと思いつつ、歩いているようにしか見えないのはまずいなと思い直す。

 ふと、思いついて雨具の下を脱ぐ。すーっと冷たい空気が火照った太腿、ふくらはぎに気持ちがいい。アイシングしたような感じ? 脱いだ雨具の下をバックパックに詰めるため、しゃがんだところ太腿前面に痛み。うーと声が出るが、少し立つと結構気持ちがいい。
 立ち上がると、足が軽くなった感じがする。一応、走っているといえる程度に持ち直す。

  s-CIMG0077.jpg

 上梨の合掌作りの民家を眺めトンネルを抜け、下梨のCP9 204.5kmには17:55到着。ほぼ、予定通りの時間に持ち直す。スタッフの方から60番目と声をかけていただく。こちらのエイドでは、カレーうどんをいただき、白川郷で買ったおにぎり1個を食べる。ここでスポーツエイドジャパンさん主催の「川の道フットレース」で、飲酒運転のダンプによる死亡事故があったことを知る。
 ss-CIMG0080.jpg
 

 残り50km強、事故にだけは気をつけようと五箇山トンネルを目指す。
いきなりの急坂を登っていると突然の雨。雨具の上は装着したままなのでそのまま進む。前方にガードレールを使ってストレッチしているランナーが見える。崖側に身を乗り出しているようにも見え、大丈夫なのかなぁと思いながら近づくと道路標識だった。嫌になるくらいの幻覚である。急な坂を登っていくとだんだん不安になってくる。
 さっきの分かれ道、左じゃなかったのかなぁと思ったりする。だいぶ登って、ようやく最初のトンネルの入り口が見えたときには、ほっとした。だいぶ走れるようになってきていたので、このトンネルは右側を行くことにする。交通量が少ないので、車道を走って、対向車が見えた時点ですぐ歩道に上がるようにした。歩道は荒れていて泥やわき水の箇所が多く、滑って転倒するおそれがありかえって危険と判断したためである。3072mの五箇山トンネルも同じようにして抜けた。車とすれ違うときは、ハンドライトで路面をくるくる照らしながら、歩道の上で立ち止まり、壁に張り付いてとにかく事故の無いようにした。
    s-CIMG0081.jpg

 トンネルを抜けたときには緊張で喉がカラカラだった。 過去にはトンネルの出口にエイドがあったようだが、今回は無かった。個人サポートなのか、1台の車が止まっていて話をしている人達がいた。 ここからの下りはかなり急である。走って走れないことはないが、足を使い切ることは間違いない。ここは抑えて歩いて下る。ずっと先に点滅する明かりの中に数人のスタッフジャンパーを着たような人達が見える。あ、エイドかなと思いながら降りていくとコーナー危険を示すブロックと赤色点滅灯だった(>_<) 幻覚見まくり(笑) 長い長い下りを降りると蛙の声が響き出す。これは幻聴じゃないよなと苦笑い。

 217km地点の自販機があるところで、ハンドライトの電池を交換する。が、疲れのせいか、手に持っていた新しい電池と古い電池の区別が付かなくなる。まぁ、明るいように思えたのでいいことにする。ここで携帯に、昨年、槍ヶ岳山頂で、隣り合わせでお酒を飲んで知り合いになった富山県在住のヤマ友から電話。この先の私設エイドで待っているとのこと。
2kmほど走ると、民家の前で手を振る人がいる。218.9km地点 城端K田エイド。
 
 ss-CIMG0082.jpg

「あ、○○さんだ」とヤマ友の声。再会を喜びながら、お蕎麦をいただく。用意してあったコールドスプレーでふくらはぎを冷やしてもらう。写真を撮っていただき、声援を受けながらエイドを出発 21:04
デーリーストア 福光インター店223kmで豆乳を買って、トイレを借りる。 21:48

 CP10 福光 坂上松華堂 225.9kmには、5/1 22:20に到着。予定は23:16だったので1時間近く挽回したことになる。 先ほどのK田さんエイドでしっかり食べ物をいただいたので、お茶だけいただき、この先の道を再確認する。金沢までは、一本道 途中細いところがあるがセンターラインを外さなければ大丈夫と教えてもらう。

 街中を抜け、杉浦燃料店のあるY字路を地図通り右に行く。つづく中江交差点でセンターラインに沿って進む。何となくおかしいなと思いながら道が細いがセンターラインもあるのでそのまま行ってしまう。いま思えば、どう考えてもバスが通るような幅員ではないので、「きづけよ おまえ」って感じだが、疲労で正常な判断ができず、そのまま進んでしまい、トンネルにぶつかるはずが行き止まりになってしまう。何度かいったり来たりをしているうちに、どんどん時間が過ぎていく。時計を見ると23:20を回っている。

 仕方ない、困ったときの星峰さん 真夜中だというのに電話してしまう。ちょうど、丹代さんがいらしたようで、電話で説明をしていただき、ひとまず、迷ったと思われるところまで全力で戻る。どこにこんな足が残っているのだろうと思うくらい。大きな道路に出るとランナー発見。この道で良いのか教えてもらい、無事にコース復帰。星峰さん、丹代さん、本当にありがとうございました。

 ここからは、道迷いのトラウマから数人のランナーと一緒に進む。先ほどのコース復帰で全力疾走したため足裏の豆がつぶれてしまい、痛みが出始め、ドナドナモードになる。

 進んでも進んでも富山県から脱出?できない。この道でいいのか?と思っている内にようやく CP11 富山石川県境 235.3kmに5/2 01:07に到着 先ほどのミスコースで1時間の貯金を食いつぶした形になっている。236km地点にあるエイドでミニトマトと水をいただく。
 
 この時に一緒に進んでいた方に、到着予定時間を聞く。「06:00から06:30かなぁ」とのお答え。確かに、いまのペースだとそれくらいになってしまうし、充分、余裕で到着できるなと思う。「余裕で到着できればそれでいいのか? いつかはスパルタスロンなんていうのだったら最後まで走るんじゃないの? ゴールがはっきりしてるんだから、頑張れよ。」と自分の心の声。 あぁ 何でこんな性格なんだろうと思いながら、集団を抜け出して小走りを続ける。

 回りは真っ暗で自分がどの辺にいるのかもよくわからない。時々後ろを振り返り、後続のランナーがいることでミスコースしていないことを確認する。まずは森本まで走ろうと思い、足裏の痛みに耐えながら前進する。坂道は早歩きでクリアしたいのだが、かえってマメが傷む。相変わらずいろんな幻覚が見える。 前方から、点滅灯が向かってくる。ランナーである。
 すれ違いざま、「あと15kmくらいですよ。森本までは2kmくらい」と声をかけてくれる。
よーしと思いながら前進するもそろそろ見えてくるはずの不動寺西のY字路が見えてこない。 さっきのランナーは幻覚だったのかと心配になり始めた頃、Y字路登場、ホッとする。森本駅あたりを左折したのは03:00過ぎだったろうか。記憶があまりない。

 左折後、地図を見ながら進むが、どの位置なのか特定できない。とにかく、橋を渡ればそろそろ兼六園だと思いながら進む。兼六園3kmの看板が見える。この3kmが遠いし、兼六園がゴールではない(>_<)ようやく津野川を渡り兼六園が見えたときは04:00を過ぎていた。ゴールで待っている星峰さんに「兼六園到着」のメールをする。

 佐藤さくらには、サリーさん達にくっついていった。佐藤さくらはまだ咲いていたような気がする。うまく撮影ができなかった。CP12 兼六園佐藤桜252.7km  5/2 04:21

 しばし眺めたのち、そろそろ行きますかの声にしたがい、ゴールを目指す。サリーさん達はゆっくり行かれるようだったので、間違えやすいという「むさし西」部分の解説をしていただき、一人で走り出す。サリーさん ありがとうございました。

 香林坊を左折すると何人かのランナーが見える。ゆっくり追い越しながら交差点ごとに名称を確認する。「武蔵」がなかなか出てこない。三つ目のローソンを過ぎたところで「武蔵」交差点に到達。左折して少しすすむと「むさし西」のY字路。もう一度左折するとあとは一本道のはず。前にランナーがいるので大丈夫だろう。進んでいくと「県道17号」の表示。間違いない。 

 あとは北陸道の高架下を左折すればゴールが見えるはず。だが、この高架が遠い。走っても走っても近づいてこない。あぁ、そういえばゴール写真撮ってくれるんだよな。雨具脱がないとナンバーカード見えないなと思い、いったん立ち止まり身支度を調える。 しばらくしてようやく高架が見える。スタッフの方が、声援で出迎えてくれる。高架下の交差点で信号2回待つ。 地面に書いてある白→にしたがい、ゴール地点を目指す。ゴールには星峰さん、金沢観光に来ていた同級生が待っていてくれているのが見える。 ゆっくりと両手を伸ばして、ゴールラインを踏む。
 fin ゆめのゆ 258.2km 5/2  05:17 46:17 

 ゴール後、星峰さん達と少しお話をして、あこがれの海宝さんとツーショットを撮ってもらう。 
  ss-CIMG0086.jpg
 海宝さんと写真を撮っていただくのは、4年前の甲州夢街道以来。 うれしいな(^^)

 荷物を受け取り、着替えをしてお風呂に行く。水風呂があったので、しっかりアイシングをした。お風呂から上がり、霜降りのジャージを見るとSNOOPYのロゴが細かく織り込まれているように見えた。どうやら、それも幻覚というか、48時間以上、コンタクトレンズを入れっぱなしにしていたため、よく見えなくなっていたようだ。
 一休みしたあとは、参加者で懇親会。
203人参加し、完走は83人 完走率は40.88%とのことだった。 美味しい食事とビールをいただいた後、完走者一人一人、海宝さんから完走賞のバックパックを渡してもらった。 来年は、このバックパックでさくら道を走ってみたい。

 初参加で完走できたのはラッキーだったと思うし、ミスコースしても頼る人がいたのはありがたいことだと思う。
 あの夜の暴風雨の中を走るのは、正直つらいものがあったが、被災地でまだゴールすら見えない状況の中、長い道のりを歩み出そうとしている方々に比べれば、自分で参加を決めたさくら道258km しかもゴールははっきりしていると思えばリタイアの選択肢は無かった。
 
 また、被災地を故郷に持つ人間として、「頑張ろう!東北」の声援に対し「はい!頑張ってます! 東北」の姿を少しはお見せできたかな なんて 思っている。

 最後に主催者及びスタッフの方々、私設エイドの方々、メールで応援いただきましたkanrekiさん、NEKOさん、Paraさん、NOBU1号さん、教授さん、一緒に走ってくれた星峰さん、仙台Dさん 、ブログで応援いただきましたcujiraさん、honeyさん、かおるさん本当にありがとうございました。 

  おかげさまで、無事完走できました。 心から感謝いたします。

Comment

Name - 星峰  

Title - 

さすが几帳面さがにじみ出てる完走記ですね~
どんな状態でも諦めない気持は素晴らしいと思っています。
ますます完走とは離れてしまう私ですが、後輩がドンドン
成長してくれるのが嬉しいですよ~

幻覚も一杯見られたようで、これで一人前になったと思いますよ~(笑)

とにかく身体をゆっくり休めて次に進めてね~~ってお前が言うなよ~(笑)
2011.05.07 Sat 15:10
Edit | Reply |  

Name - かおる  

Title - 

あ~~~~もうもうもう本当に感激のゴールですう・・・・うるうる・・・。
それにしても、星峰さん同様、どうして、幻覚幻聴に悩まされるほどの疲労の中で長い距離を走って・・これだけの完走記をアップできるのでしょうか・・・レースに真剣に取り組んでいる中、メモするにも記憶するにも余計なエネルギーが必要・・・そのことにさらに感心してしまいます。

で、いつかはスパルタスロンを・・・そうなのですね。夢も目標も限りなく・・・
なんだかこの頃ずっと元気でないわたしに、喝!!!の記事でした。

挑戦してくれて、完走してくれてありがとう♪ そんな気分です。
2011.05.07 Sat 15:16
Edit | Reply |  

Name - kanreki  

Title - 

このすざましい完走記を読みながら自分がこんなに限界に挑戦したことがあったろうかと考えてしまいました。もちろんありません。なにか挑戦を考えたくなりました。もちろんさくら道だとかのウルトラは対象外です。
2011.05.07 Sat 21:20
Edit | Reply |  

Name - honey  

Title - 

なんと・・過酷な・・孤独な・・
わたくしだったら・・きっと行方不明になっている?(ーー;)
星峰さんがいてよかったですぅ!

で、色白のスレンダーな美女の幻覚はなかったの??
2011.05.07 Sat 22:09
Edit | Reply |  

Name - NEKO  

Title - 

星峰さんとダ~様とお会いした時、幻覚のことを聞いてびっくりしたものですが、ホントなんですね。
凄い!よくまあ無事で!良かった!!ウルウルしながら読ませていただきました。
スパルタスロンはツアーで応援行きますからね!(^^)


2011.05.07 Sat 22:33
Edit | Reply |  

Name - KyP  

Title - お疲れ様でした

完走おめでとうございます!

ちょこランさんのブログを、そうそう・うんうん、とうなづきながら拝見しているうちに、当時の状況が思い出されて、ちょっとウルウルしてしまいました・・

それにしても、あんぱんまんの幻覚には大うけしました!!!!!

細やかで丁寧な完走記、最高でした。

また思い出話、ご一緒にしたいです♪

2011.05.07 Sat 23:01
Edit | Reply |  

Name - ちょこラン@仙台  

Title - 

>>星峰さん
 星峰さんには、エントリーの後押しから、道迷いのレスキューまで本当にお世話になりました。完走できたのは、星峰さんのおかげです。 いやぁ 幻覚には驚きましたが、これで一人前と師匠のお墨付きをいただけたので良かったです(^^)

>>かおるさん
 長い感想記に、最後までお付き合いいただきありがとうございます。
 えーとですね、コンビニで補給したときにレシートは全部、取っておくようにしています。そうすると、どの場所に何時に着いたかわかるし、食べたものを思い出すといろんなことが関連して思い出されてきます(笑) 
 スパルタスロンは36時間制限なのでまだまだ実力不足ですが、目標として持ち続けたいと思います。

>>kanrekiさん
 冗長な感想記に、最後までお付き合いいただきありがとうございます。また、メールでの声援、本当にありがとうございました。 私は、アイアンマンディスタンスの方が、肉体的な限界に挑戦していると思います。

>>honeyさん
 感想記にお付き合いいただきありがとうございます。 いや、ほんと 変な神社の奥に迷い込みそうでした。星峰さんに感謝です。アンパンマンは出てきても、スレンダーな美女の幻覚は出なかったですねぇ 残念!

>>NEKOさん
 感想記にお付き合いいただきありがとうございます。 メール応援、ありがとうございました。  ほんと、無事にゴールできて良かったです。 いつかはスパルタスロンと思っていますので、応援よろしくお願いします。

>>kypさん
 完走おめでとうございます。 お互い、無事にゴールにたどり着けて良かったですね。
 そして感想記、お付き合いいただきありがとうございます。
 冷静に考えれば、あんなところにアンパンマンがいるわけが無いのに、そう見えてしまうのが幻覚なんでしょうね(汗) 練習会打上で、お話しできるのを楽しみにしています。

 
2011.05.08 Sun 11:40
Edit | Reply |  

Name - NOBU1号  

Title - 

悪天候の中でのさくら道完走、本当に凄いことです!
感想記を読み、しみじみ思いましたよー

それにしても、完走したばかりだというのに、
既に来年のさくら道を走る気になってるちょこランさん、凄いです!

ジョグノを見ると既に走り始められておられるようですが、
脚の具合は、もう大丈夫でしょうか?
2011.05.08 Sun 15:13
Edit | Reply |  

Name - ちょこラン@仙台  

Title - 

>>NOBU1号さん
 応援メールに加え、感想記にお付き合いいただき、ありがとうございました。
 メールは本当に励みになりました。 
 初参加のさくら道、いろいろ反省点もありますので、来年はもっとしっかり走りたいと思います。 
 足裏の肉刺はだいぶ回復したので、6,8,10kmと様子を見ながら走ってます(^^)
2011.05.08 Sun 16:43
Edit | Reply |  

Name - ジェイ  

Title - 

無事完走、お疲れさまでした!
とても詳細な完走記録、じっくり読ませていただきました
たかが(とは、思いたくないんですけど:笑)112キロでへたばっている私には考えられない世界です。
特にアンパンマンの幻覚・・・(笑)
2011.05.09 Mon 23:39
Edit | Reply |  

Name - ちょこっと自由なランナー  

Title - 

>>ジェイさん
コメント遅くなり、申し訳ありません。
そして、ありがとうございました。
ジェイさんも 富士五湖完走おめでとうございます。
一週前の夜練のアルコールローディングがいい方向に出てよかったですね(^^)  
秋には一緒に雁坂143kmに出ませんか?
2011.05.12 Thu 22:16
Edit | Reply |  

Add your comment