目指してるのか?サブスリー 酒とジョグとカメラの日々

57歳サラリーマンのマラソン練習と飲酒とカメラの記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活パターンと登山 

7/9(金)
 昨夜、3種目耐久後の初ランをしたせいか、いつもより眠りが深かった?気がつけば7時を過ぎていた。
野菜ジュース、グレープフルーツ、レーズンをのせたトースト1枚、ミルクティ、部屋の暑さでへなちょこになったバナナを混ぜたヨーグルトと ランナーの割に貧相な朝食。
食べているうちに汗だくになり、シャワーを浴びて出勤。

昼食はお持ち帰りのカレー+コールスロー

夕食は南阿佐谷駅そばの中華食堂で「豚肉ときくらげの卵いため定食」withチューハイ×2
なんかバランス悪いな・・
あ、仕事は来週末のWGの準備、資料説明と打ち合わせで一日が終わる。

 実は、先週の3種目耐久、フルと8時間走の失速ぶり(ふがいなさ)にちょこっと反省中。

「心が折れる」という言葉を最近よく聞くが、「心が折れなきゃ、どこまでも行けるのか?」とも思ったりする。 
 調子よく走れていれば、心も折れないだろう。調子よくしっかり走るためには練習に加えて体調管理や食事も大事なのだろうな と今更のことを感じている。
 振り返ると、12時間走から2週間、調子に乗って中1日でのラン練参加や誘われるままの飲み会参加、相変わらずの貧弱な食生活で、12時間走で酷使した筋肉や内臓が回復するには至らなかったのが失速の原因の一つかなと思ったりしている。
 もちろん一番大きな原因は練習不足だと思うけれど。
 蒸し暑かったこともあるが、同じコンディションの中でも淡々と走り続けているランナーもいるのだから、言い訳にはならない。
 急な改善は無理だが、秋のフルマラソンシーズンに向けて、まずは朝食をしっかり食べる、食べられるような生活パターンから少しずつ心がけてみようと思う。

 さて、これから深夜出発の燧ヶ岳登山。 メンバーは4月に転勤した走友、昨年夏に一緒に富士山に登った中学同級生と自分の3名。
 コースは関越道経由して大清水駐車場には午前5時着予定。
 その後は、三平峠を経て尾瀬沼 、そこから長英新道で山頂往復。燧ヶ岳は一泊二日が一般的なところを日帰りするので、一日の総歩行時間は約12時間(ガイドブック積算)となる。 早くも無茶な生活態度?
 
 梅雨末期の天候も気になるが、安全登山を心がけて行って参ります。 では、おやすみなさい。

Comment

Name - 星峰  

Title - 

このくそ暑い時にあれだけ走れれば文句ないでしょう~
ガンガン走ってる輩は怪物だからね・・(笑)

天候異変のこの時期のお山、大丈夫でしたか?
2010.07.11 Sun 11:07
Edit | Reply |  

Name - ちょこっと自由なランナー  

Title - 

>>星峰さん
ガンガンは無理でも淡々と走りたかったんです(涙)
燧ケ岳 登山道はぬかるみ 頂上付近は結構な岩場でしたが、雨にはあたらず楽しく登ってきました(^^)
2010.07.11 Sun 20:19
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。