目指してるのか?サブスリー 酒とジョグとカメラの日々

57歳サラリーマンのマラソン練習と飲酒とカメラの記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神宮外苑駅伝と自爆転倒事故 

10/18

 神宮外苑EKIDEN20Kに、駅伝部女子部員2名+男子部員2名(同僚と自分)の混成チームで参加。
第1回で1600チームが参加とのこと。
 国立競技場内がスタート&ゴール そしてタスキ中継所。
 主催は東京都陸連とランナーズさん MXTVなど。 大会100撰なるランニング大会のランク付け(といっても読者が決める)を行っているランナーズさんが運営に携わっているので、各大会の評価をもとにさぞ、ランナーのことを思った大会だろうと思っていたら、期待外れ。
 受付をして渡された袋には、ナンバーカード、人数分の各種カタログ、バナナひと房、参加賞の手ぬぐい、ハーブの種・・・ 大会要項は事前にオフィシャルHPからダウンロード&プリントしていたので、当チームは問題なく、タスキ受け渡しゾーンやコースなど確認できたが、あちこちで「タスキ受け渡しってどこでするの?」の声が。
 カタログ人数分いらないので、大会要項1部でもいいから入れてくれって感じ・・
 タスキ受け渡しゾーンはコーナーに2か所あったが、見通しがきかずナンバーのコールもないので、大混乱。前走をさがそうとコース内にまで人が入り込む。せめてオーロラビジョンでマラソン門のあたりを映せば、ランナーをさがすこともできたろうにと思う。
 2走の同僚が4.7km 19:17 4走の自分は4.8kmを 19:42 女子部員はそれぞれ28分台
 トータル 1:39:34  246/974となる。 終了後は、応援に来てくれた同級生含め5人で信濃町で軽く打ち上げ。
 飲み足りない同僚と新宿で途中下車してさらに飲む。

10/24
 久しぶりの帰省。 広瀬川で出向元有志のいも煮会。 楽しく飲んだまでは良かったが、片付けてマンションに戻り、同僚に残った缶ビールを渡そうと思い、サンダルでダッシュ・・
 サンダルのため足が引っ掛かり、あえなく前のめりに転倒 顎を強打。痛む顎に手を当てるとヌルっとと大出血。 状況がわからないまま、家内に付き添われ救急診療所へ。  
 タクシーで移動中、左耳が聞こえないことと口を開くと痛むことに気づく。診察中にその旨を説明しながら、自分の不注意さに情けなくなる。何枚かレントゲンを撮ったのち、手術台に乗せられ、切れた顎の下を4針縫う。 
 縫い終わったのち、ドア越しにマスクをした小さな女の子がこわごわ覗いているのが見え、なぜか小さく手を振ってしまう。 手を振りかえされる(涙)
 レントゲンの結果は、骨には折れてはいないようだとのこと。左耳下(顎)の痛みを訴えるが、よくわからないとので、明日、この写真をもって耳鼻科のある救急センターに行くよう指示される。
 せっかくの帰省を自分の不注意から台無しにしてしまい、家族にも迷惑をかけ、凹む。 左顎を氷嚢で冷やしながらおとなしく寝る。

10/25
 朝起きると、4針縫った傷にあてたガーゼが血と体液でものすごいことになっている。カトちゃんぺっみたいになっている鼻の下含めてマスクで隠し、紹介された救急センターにレントゲン写真をもって行く。耳鼻科で聞こえの検査と鼓膜のチェック。
 やはり、左耳の聴力が落ちていること 鼓膜は外観的には問題ないことを告げられる。
 それ以上はここではわからないので、総合病院の耳鼻科に行くよう紹介状を書かれる。顎の痛みは耳鼻科でいいのかと聞くと大きな病院なら大丈夫とのこと。出来上がった紹介状には「大学病院 耳鼻科 先生 御机下」とある。気がつくと、顎のガーゼはスルーされ、手つかず(笑)
 帰宅するとお昼。 食欲はあるが口が開かず、痛みをこらえながら家内が作ってくれたそばを食べる。

 思い出して、転倒した時にデイパックに入っていたデジカメに電源を入れたところ、液晶が逝ってしまっている。一週間前に修理したばかりなのに、つくづく持ち主に恵まれないキヤノンG7である。申し訳ない(涙)
 化膿止を飲んで、虎の門病院の受付時間、診療科を確認する。耳鼻科はあるが顎関節症などを扱う口腔外科がないのが気になるが、ほかに総合病院のあてもないので、受付時間をチェックしたのち、ひたすら眠る。疲れがたまっているのかいくらでも眠れる。
 17:30に布団からはい出し、おじやを食べて着替え。くっついている顎のガーゼにマキロンを噴霧してはがし、やっとガーゼを交換する。
 寝ている間に家内が買ってきてくれたレトルトおかゆやゼリーをバックに詰め、愛想を尽かさない家族に感謝しつつはやてで帰省する。しらふで夜の新幹線に乗るのは久しぶり。

10/26
 紹介状とレントゲンをもって、雨の中、虎の門病院へ。待つこと30分ほどで、またしても耳の聞こえの検査。 聞こえはいまひとつだが、鼓膜の様子など問題ないことをあらためて言われる。自分も耳の聞こえよりも顎の痛みで口が開かないことが一番困ることを訴える。あっさり、口腔外科は当院にはないので、紹介状を書きますと若い医師に言われる。嫌な予感的中。
 「口腔外科 どこにあったっけ?」と看護士さんに聞くが愛想笑いでごまかされている。 パソコン叩いて出てきたのは「東京医科歯科大」
 医師が目の前で紹介状の内容を入力するのを見ながら、「だんだん おおごとになっていくなぁ・・」と思う。 愛想笑いの看護士さんが、出来上がった紹介状を渡してくれながら、「東京医科歯科大の場所や受付時間は1Fの医療連携部で確認してもらってください」と教えてくれる。
 医療連携部に行くと、速攻で電話をかけ受付時間を確認し、地図をプリントアウトしてくれる。初診は10:30までとのこと あと40分しかないので少し焦る。
 千代田線経由で病院に着いたのが10:15 疲れ果てて空腹で 待合室でぐったりする。
 しばらくすると名前を呼ばれ、初診の先生が、紹介状を見ながら最初にレントゲンを撮ったところでは何と言っていましたか?といきなり聞く。「んー 写真を見る限り骨折はないようだが専門ではないのでよくわからないと言っていました。耳鼻科に行けと言われて、ようやくここにたどり着きました。」と答える。 「わからないかぁ・・」と不機嫌そうにつぶやき、写真を指さしながら説明・・ どうも左顎の骨が骨折している模様・・ 嫌な予感の2 的中 「骨折の場合は、手術、軽い手術で温存、温存の3種類です。担当医師を決めますので、写真を撮って治療方針を決めましょう」とのこと。
 若い女医さんが担当となり、指示に従い 地下でレントゲンを撮り戻ってくるとすでにお昼。 そのまま、診察を続けていただき、やはり亀裂骨折があり、炎症を起こしていて開口障害との診断。 さらにCTを取る旨とお昼にかかるので、ゼリーや水分補給して上がってきて、待合室で休んでくださいと言われる。
 CTが上がり、画像確認 やはり骨折が確認されるとのことだが、手術不要 ギブス固定なしの温存でいき、炎症が治まった時点で口をあける練習をしますとのとこと。手術なしはひと安心だが、しばらく口はあかないのかぁ 焼きトン 食べられないなぁと半分がっくし。
 あご下のガーゼにも気付いてくれ、次回の診察の時に抜糸をしましょうと言ってくれる。 開口範囲や歯並び、かみ合わせ、あご下の縫合部などたくさん写真を撮られたのち、看護士さんから食事指導を受ける。単身赴任ならレトルト食品をうまく利用するのがいいのではとか、栄養ゼリーは薬として出してもらえば、買いに行かなくてもいいなどとアドバイスを受ける。
 次回予約を金曜日に入れて、病院を出たのが15:30。 会社に行き、上司に状況説明。21:00まで仕事をして帰宅。 レトルトおかゆで夕食。 さすがに酒を飲む気にはならず23:30就寝。健康的?

Comment

Name - Para  

Title - 

もうもうもう!
なんて一週間だったのですか!!!読みながら顔が歪んでいく自分に気が付きました。
何というか・・・唯々お見舞い申し上げます。他に言葉がないのですが、手術しなくてすんだのと 女医さんだったことが不幸中の幸い?
あ、冗談です。(^^ゞ
女の子に逃げられないで手を降ってもらえて良かったですね。
ちょこっとさんの素敵なお顔が早く元にも戻りますように。。。

NEKOさんとお風呂でちょこっとさんってホントすごいよね~休んで無いんじゃない?寝てるのかしら?って噂してたところです。少し休んで顎くっつけてください。。。ね。
2009.10.28 Wed 13:07
Edit | Reply |  

Name - 星峰  

Title - 

読んでいて痛い・・
本当に大変でしたね~
どんな場所でも骨折と聞くと心配してしまいます。
でも手術しなくていいとか、それだけでも良かったかもね・・
でも場合によっては手術した方が早く治る可能性もあるからね・・

とにかくお大事にね・・
2009.10.28 Wed 23:19
Edit | Reply |  

Name - ちょこっと自由なランナー  

Title - 

>>Paraさん
ご心配おかけしました。
そしてお見舞いの言葉、ありがとうございます。 歯を折ったり、頭を打ったりしなかっただけ、よしとします。
先生からは、ランは少しお休みしてくださいと言われたので、ほとぼり冷めるまでおとなしくしてます・・

>>星峰さん
ご心配おかけしました。温存で行くという診断が出るまで、「あー、手術ってなったら、期限迫ってる仕事、どうなるんだろう」てなことばっかり、考えてました。病んでますね・・ いい機会なので、少し体を休めます。
2009.10.29 Thu 00:36
Edit | Reply |  

Name - まさお  

Title - 

あらら、痛々しそうです。
温存でも痛みは続くでしょうし、時間もかかりそうですね。
ホント、お大事にしてください。
大きな大会を制覇した後なので、しばらくゆっくりしてくださいね。
でも眼や頭部に損傷が無かったのは救いですね。
お酒飲む気になるまでしばらく辛抱してください。
2009.10.29 Thu 13:27
Edit | Reply |  

Name - kanreki  

Title - 

ちょっとしたことが大事になる典型のようなケースですね。お大事に。骨折となると治るまで、というより飲めて走れるようになるまでかならの日数が必要なのでしょうか? それまでゆっくり休んでくださいと、他人事だから言えますが、自分だったらあせってしまうでしょう。
2009.10.29 Thu 13:52
Edit | Reply |  

Name - NEKO  

Title - 

何とまあ~!ちょこっとさんの親切心が仇になった!?
事故多く、悪運強いワタシとしては・・・他人事ではありません。
超人的なスケジュール、神さまがお休みした方がいいよ・・・と、前向きに受け止めてゆっくりお休み下さいね。くれぐれもお大事に・・・
2009.10.29 Thu 14:55
Edit | Reply |  

Name - ちょこっと自由なランナー  

Title - 

>>まさおさん
お見舞いありがとうございます。一週間経ちましたが、まだ食事が不自由です。 東京マラソン落選したので、少し体を休めようと思います。 ほんと、目や歯やのどや頭などおおごとにならなくてよかったです。 酒は飲み始めました(笑)

>>kanrekiさん
お見舞いありがとうございます。食事が不自由な以外は、だいぶ良くなりました。目標レースは春なので、あせらず行こうと思います。ランもオーケーいただきましたが、エネルギー補給できないのが問題?

>>NEKOさん
お見舞いありがとうございます。余計なことをして、怪我までして全く困ったもんです。だいぶ疲れがたまっていたようで、いい機会だったのかもしれませんね。これからは、あわてないようにしようと思いました。
2009.10.31 Sat 13:24
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。