目指してるのか?サブスリー 酒とジョグとカメラの日々

57歳サラリーマンのマラソン練習と飲酒とカメラの記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しかった「みちのくラン」 

6/20
午前5時起床  昨夜、飲み過ぎたか少し頭が痛い。こっそりバファリンを飲んで朝食。  タイツに半袖ジップにいつものアームウォーマーでいつでも走り出せる体勢で家内に仙台駅まで送ってもらう。
仙石線のホームに行く前に、仙台駅のステンドグラス前を見ると、どこから見てもランナーの集団。 仙台国際ハーフの際に応援いただいた南仙台走友会のDさんを発見、ごあいさつする。
 改札口に移動しながら、星峰さんにごあいさつ、お会いするのは2007甲州夢街道以来だが、いつもブログを拝見しているせいか、お久しぶりの感じがあまりしない。

今回の参加者は、総勢50名強  三つのグループに分け、集団走をするとのこ と。
各グループにはスタッフがつき、そのスタッフの方を追い越してはならないというルールが課せられている。 秋に100km超のウルトラに出るので、まずはゆっくり長時間、身体を動かし続ける練習から始めようと思っていたので、ぴったりの条件

仙石線の電車に乗り込み、同じく東京からいらした星峰さんの走友をご紹介いただく。 できれば星峰さんとおしゃべりしながら走りたいと思っていたところ、車内で配られた参加者名簿を見ると星峰さん、お友達のYさんと同じBグループ楽しい一日になりそうな予感。
矢本駅で、集合写真を撮りサポートカーに荷物を預け、集合写真を撮影し08:25にランニング開始。
矢本駅集合写真
 市街地を少し走り、航空自衛隊の基地を横目に眺めながら矢本海浜緑地公園にはいる。松林と貞山堀運河を眺めながら星峰さんやYさんとおしゃべりしたり、走路の脇に咲いているいろんな花の解説をしてもらいながら走る。
いつも一人で走っているので新鮮で楽しい。走りながら「貞山堀の貞山とは?」とか「東京に仙台堀ってあるよね」とかの話題となる。「仙台堀の由来は、江戸の仙台藩屋敷に米などを運び入れるために利用されたから」と説明はできるが「貞山」がわからない。

注 伊達政宗の諱号「貞山」からとのこと。

そうこうするうちに09:20頃、緑地公園広場のエイドに到着。それぞれの名前が書いてある紙コップが準備してあり、コーラや冷たいお茶パン、トマトにミニゼ リーに果物と至れり尽くせり。  自分たちも走りたいのにサポートに徹して下さ るスタッフの方々に感謝しながら美味しくいただき、グループのみんなとコースに戻る。
途中、野蒜(のびる)築港跡で歴史解説をしていただき、記念撮影。野蒜築港跡


 
 二つの川を渡り、昼食ポイントの7-11に到着。  お店にはいるとなんだか棚ががらんとしている。
どうやら近々閉店の模様。  何を食べようか迷ったがおにぎり何でも100円につられて、「牛肉ステーキマヨネーズ」「いくら醤油漬け」「焼き鮭」「お茶」を購入。 さすがに3つは飽きる。2個+カップ麺でもよかったな。
薄曇りのなか、暑いよりはいいよねーと星峰さん達とおしゃべりしながら、次のエイドを目指し走り出す。ゴール地点の「かんぽの宿」案内看板を横目に見ながら松林を抜けると高い防波堤、並行して走る道路に突き当たる。防波堤の上にあがると海が見える。
曇天で青い海とはいえないが、思わず「ぉーっ」と声が出 る。しばし、海を眺めて石垣みたいな防波堤を小走りに進む。
Image005.jpg


 嵯峨ビーチでトイレ休憩を行った後、山道に入る前にしっかりとエイドでサ ポートしてもらい上り開始。結構な勾配でいい練習になる。途中でゴーンと鐘の音。
鐘


いろいろ景色を楽しんだあと、オプションの乙女が浜へ。  乙女が浜もきたことがなかったのでいい観光になる。
 最後のエイド、縄文村で休憩を取り、いよいよビュースポットの大高森へ。
ここからの眺めは松島「四大観」の一つ「壮観」と呼ばれている。上るのは2度目

Image014.jpg


ちなみに「四大観」とは松島湾に浮かぶ260余島の島々を一望できる次の4つの名所の総称。

 麗観:富山 標高116.8m 東南西の三方が一望できる
幽観:扇谷 標高55.8m 松島の全景が眺められる
偉観:多聞山 標高55.6m
壮観:大高森  標高105.8m  奥松島の島々に加え、船形連峰(奥羽山脈)が一望。

 階段状の道を上ったりしながら15分くらいで山頂へ。昨年は雨で全く景色が見えなかったとのことで、2年越しの念願を果たしたと喜ぶ方々、多数。
 景色を楽しんだ後は、ゴールのかんぽの宿を目指して、星峰さん、東京からの参加のKさんたちと4人で元気に走る。  最後は徐々にペースがあがり㌔5分くらい。

ゴール後は、大きなお風呂で汗を流し、2時間飲み放題の大宴会に突入。
ウルトラランナーの強者があちこちにおり、刺激を受けることしきり。
自己紹介で、秋に雁坂峠秩父往還143kmに参加することなどつい口走ってしまう。
楽しい宴会の後は送迎バスで仙台駅まで。

バスから降りた後、星峰さんからパフェが食べたいとのリクエスト。お店が思い浮かばず、疲れている星峰さんをあちこち歩かせてしまう。
結局、PARCOのスタバでフラペチーノをテイクアウトし、アエルのフリースペースで一休みすることに。
>>星峰さん
 パフェは仙台駅SPALの地下レストラン街に何軒か出しているお店があるそうです。 次回は迷わずご案内しますね


最後は、星峰さんを宿までお送りし、楽しい一日が終了。
星峰さん、Yさん、Kさん、南仙台走友会の皆様 楽しい走り旅をありがとうございました。

Comment

Name - 星峰  

Title - 

違った目線での感想記楽しみにしています~
2009.06.27 Sat 17:56
Edit | Reply |  

Name - ちょこっと自由なランナー  

Title - 

>>星峰さん
楽しみにして下さったのにあっさりした感想記で・・(涙)
でも、本当に楽しい一日でしたね。
また、ご一緒できるのが楽しみです(^_-)
2009.06.27 Sat 21:46
Edit | Reply |  

Name - 星峰  

Title - 

あれ~続きがあったんですね~~失礼しました~
ちょこっとさんのお陰で楽しい走りが出来ました。
最後のパフェは本当に失礼いたしました~
次の日、地下の喫茶店でしっかり食べました。
多分あの時間ではお店はやってなかったのでは
ないかしら??
本当に最後までわがままを言ってしまい申し訳
ありません。

そうそう、来年の1月宮古島行きませんか??
観光を兼ねてご家族も一緒するといいかもね・・
2009.06.27 Sat 23:04
Edit | Reply |  

Name - Para  

Title - 

楽しそう~~~です。
こんな企画ラン、大好きです。
しかし前後がハードですよね。移動とか。。。
でもいつか参加したいです。
楽しいだろうなぁとちょこっとさんの写真と星峰さんさんの写真でひたすら妄想族のワタシです。
2009.06.29 Mon 23:29
Edit | Reply |  

Name - まさお  

Title - 

「みちのくラン」、楽しそうですね~。(^^)
40人以上で走ったんですね。最後の宴会も盛り上がったでしょう!
『松島』はあの大漁節「松島ぁ~の♪」のですよね?
2009.06.30 Tue 12:48
Edit | Reply |  

Name - ちょこっと自由なランナー@三沢  

Title - 

>>星峰さん
次の日、しっかりパフェはクリアされたようで何よりです。
宮古島、締め切りになる前に家族を巻き込んで何とかしなきゃと思い始めてます(笑)

>>Paraさん
ほんと 楽しい企画ランでしたよ。 いつかといわず、来年はぜひご一緒に。
マネージャーさんと一緒だと移動は出張パックも使えますよ。

>>まさおさん
ランも楽しかったですが、お楽しみの宴会も盛り上がりました。
ウルトラランナーの方々ともお知り合いになれ、たくさん刺激を受けました。

そう、あの「松島」です。
2009.07.01 Wed 06:21
Edit | Reply |  

Name - 鯨海酔狂  

Title - 

ほんと楽しさが伝わってきます。
仙石線、1度しか乗ったことないのですが、あのあたりで走ってみたいなあ。
2009.07.01 Wed 08:08
Edit | Reply |  

Name - ちょこっと自由なランナー  

Title - 

>>鯨海酔狂さん
あたしは浜育ちのせいか、海沿いを走るのは大好き、ほんと気持ちいいですよ。 鉄分濃い鯨海さん、来年は是非ご一緒に(^^)
2009.07.03 Fri 00:33
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。