目指してるのか?サブスリー 酒とジョグとカメラの日々

57歳サラリーマンのマラソン練習と飲酒とカメラの記録

青梅マラソン完走記(みたいなもの) 

 薄れつつある記憶を元に青梅マラソンの一日を・・・

 2/15
 06:30に起床後、足裏にテーピング、左太ももにレモテープを貼って着替え。ご飯とお餅2個入れて力うどんを摂取。 
 荻窪駅から河辺に向けて出発。吉祥寺で青梅行きの電車に乗り換える。河辺駅到着09:24 
 ナンバーカードは昨日受け取っているので、荷物置き場を確保すべく体育館に直行。
 が、ものすごい人 床は足の踏み場もないくらい。「おまいら、その人数でその大きさのシートは広げすぎだろう!」というグループもちらほら。
 仕方ないので、シューズを脱いでステージに上がり荷物を置き、一人分のスペースを確保後、10kmの部に出場する駅伝部女子部員のスタートを応援に行く。
 ナンバーカード順に並んでいるので、比較的容易に発見。10kmレースは初めてとのことでやや緊張気味だが、自信を持って走るよう、えらそうに激励する。
 スタートを見送ったあと、体育館に戻り一緒に参加する同僚となんとか落ち合う。
 スーパーヴァームでアミノバイタルを投入。小さなレーズンパン一個食べて、貴重品を預けに行く。あとはアップをしながら、スタート地点に向かう。途中、NEKOさんとParaさんのそれぞれのスタート地点で探してみるが、時間が早すぎたのか発見できず。

 自分のナンバーカード(1300番台)の指定位置に待機しながら、何気なく振り返ると5000番台やM○○○というナンバーカードを付けたランナーの方が4名ほどいらっしゃる。「うーん、ちゃんとルール守っているランナーの方が圧倒的に多いのになぁ・・ 後ろめたくないのかね?」と思っているところに、大会関係者登場。待機位置が違うことを指摘して移動を指示している。うーむ、なかなか厳格である。

 今回のレースは東京マラソンに向けた30km持続走の一環。ここをキロ4分30秒ペースで走りきれるかが一つのポイント。もう一つのポイントはレース翌日の2kmレースペース走5本。必ずセットで練習すること!がメニュー。左太もものことを考えるとやや気が重い。
 それでも、ペース表を左手にくくりつけ、ランウォッチをつける。右手にポレールの心拍計。ちょっと無様。(ポレールはボタンが堅くて押したつもりで押せてなかったりする)
 スタートの号砲にあわせ、ランウォッチとポレールのボタンを押す。スタートゲート通過時にロスタイムを確認しようとランウォッチを見ると「00:00」のまま スタートボタンではなくラップボタンを押していた模様。あわててスタートボタンを押す。ポレールの方を見ると50秒位を表示している。
 無様だったが、二つ付けていて正解かw

 スターターの朝原さんに手を振り、あとはレースに専念と思ったが、なかなか進まないし、道路が狭くて大変。ガードレールに巻き付けた布団がありがたい。ちなみに土曜日に河辺駅をおりて、ガードレールの布団を見て「天気がいいからって、なにもこんなところで布団を干さなくても・・」と思ったとぼけたオヤジはあたしである

 青梅駅前あたりになるとレトロな映画の看板が見えてくる。今度は観光だけできてみようと思いながら走る。
 青梅のコースは往路が基本的に上り基調で、復路は下り基調なのだが、往路も復路もアップダウンの繰り返しという感じ。平坦と思っていてスピードが上がらないなと思うと実は上っていたりする。
上りでは、やはり左太もものハムストがぴりぴりくる。走りながら窓に映る自分の姿を見ると腰が引けていてカッコ悪・・ 
 
コースには1km毎の表示があるがアップダウンがあるので1km毎のタイムを気にすることなく、5km毎をしっかり走ろうと言い聞かせる。
 公式給水所のほかにもボランティアの給水もあり、暑かったのでずいぶん助けられた。3箇所で応援いただいた太鼓の音には感激した

 レースは、20kmまでは何とかペースを維持できたが、二俣尾の急坂を上り切ってからは心肺よりも脚にきた感じで体が動かなくなり始めるのがわかる。左足ハムストも限界に近い。「明日も2kmレースペース走5本をやるんだろ? 少しペースを落としても目標クリアって報告できるだろう?」と悪魔のささやき。直角コーナーの黄色の点滅信号が遠い。結局、周囲がペースアップする中、失速した感じでフィニッシュ。平均ペース4'22" サブスリーの道は険しいことを例によって実感。

5km  22'03" (22'03" bpm_av 165)
10km 43'18" (21'15" bpm_av 169)
15km 1:05'20" (22'01" bpm_av 156)
20km 1:26'26" (21'05" bpm_av 174)
25km 1:48'35" (22'09" bpm_av 177)
30km 2:11'07" (22'32" bpm_av 179)
(10~15kmの上り区間の平均心拍が低いのはエラーだと思う。走行中に、心拍「0」になってた時間があったのでw)

 完走ストラップをもらい、「あきたこまち」のおにぎり、アクエリアスをいただく。梅のおにぎりが美味しい。いつもなら、フィニッシュ後のドリンクは飲みきれずに持ち帰るのだが、今回はその場で飲みきってしまう。
 レース後も大混雑で、ParaさんNEKOさんとは残念ながら会えずじまい。それでも、電話でお話しできたのはなにより。 
 レース後は、中学同級生とその同級生(高校)、同僚、女子部員、女子部員の応援者(?)と立川駅周辺の居酒屋で反省会。普段の練習方法、ウルトラマラソンの話、富士登山競争の話などで盛り上がり、気がつくと21:00 
 同世代酔っぱらい3人組の結論は「記憶力は日々落ちてくけど、ランニングして走力維持できたり、向上するってのは楽しいねー」 一回り下の世代3人組は「記憶力が日々落ちてくけど・・」の前振りが大受け(笑)  楽しい一日だった。

Comment

Name - 星峰  

Title - 

沢山のお仲間さんがいて楽しかったでしょうね~
私も参加してた頃は青梅に走友がいて、そのお宅
で仲間(20人位)と大宴会でした・・
当時はTV放送していたのでビデオを見ながら
自分達ががチラッとでも写った時は大騒ぎでしたよ~
本当に懐かしい・・何せ青梅は私のランニング人
生スタートの場所ですからね~

そうそう、お布団ビックリするよね~
毎年、毎年巻いてありましたよ~

それとラスト2キロ位はものすごく長く感じた
でしょう・・あれは点滅信号がづっと見えている
から余計長く感じてしまうのかな??

あの混み方で人を探すのは至難の業、会う場所
を設定しておかなと無理だよ~
私達は毎回おにぎりの場所に決めていましたよ~

2009.02.19 Thu 23:38
Edit | Reply |  

Name - ちょこっと自由なランナー  

Title - 

>>星峰さん
 青梅マラソン、星峰さんのランニング人生スタートの場なんですよね。その青梅マラソンに参加できてうれしかったです(^_^)v
 数少ない30kmレース、私はずっと続いて欲しい大会だと思いました。交通規制で不都合感じてる方も多いでしょうに地元の皆様の応援には感謝です・・
2009.02.20 Fri 00:12
Edit | Reply |  

Name - takey  

Title - 

青梅マラソンお疲れ様でした。
ケガが早く回復していれば、LCDのつもりで参加しようと思っていたのですがダメでした。
完走記を見る限りかなり盛り上がったようですね。ますます参加したかったです。。
結果のほうは、確かにサブ3ペースには少し届かなかったようですが、アップダウンもあったようですし充分速いと思いますよ。

2009.02.20 Fri 00:40
Edit | Reply |  

Name - Para  

Title - 

とぼけたオヤジで大爆笑です(^O^)
ワタシもうまく走れてないって思ってたら実は以外と上りだった、ってことに気づいてビックリでした。折り返してから 「あら~結構上って来たのねぇ」なんて。
最近の記憶力は落ちても何故か昔の事は鮮明に覚えてる?お年頃になってきました、ワタクシも。

でもお祭り青梅、楽しかったです。
今度こそワタシにとって最もハードな関門突破のみが目標!の高水山でお会いしましょう~~~。
2009.02.20 Fri 00:44
Edit | Reply |  

Name - NEKO  

Title - 

トボケタおばさん、と言うより何で?とも思わなかったお布団、やっと意味が分かりました。
15000人、それぞれのドラマがあるのでしょうね~少しだけ余裕が出てきたのか?いろいろ感じながらのレースでした。やれる内に何でもしておきたい!で、高水山30kmなんて無謀を承知でチャレンジです・・・i-229
2009.02.20 Fri 10:24
Edit | Reply |  

Name - kanreki  

Title - 

ある年齢を越えると記憶力と走力は並行して落ちます? トライアスロンの3種目中でランが最も年齢に影響するようです。私の初レースは青梅10kmでした。何十年前か忘れました。
2009.02.20 Fri 13:30
Edit | Reply |  

Name - ちょこっと自由なランナー  

Title - 

>>takeyさん
 青梅 DNSしたのは残念かもしれませんが、そのぶんプラチナチケットの東京マラソンにはベストな状態で臨めることと思います。
 25km過ぎからはつらかったです。東京はキロ4'25"でペース設定するつもりです。

>>Paraさん
 青梅のコースは変化に富んでいて、走っていてもあきないですね。沿道の応援とあの太鼓には感激しました。来年も出たいです。 
 上りが苦手なくせに酔っぱらってエントリーしちまった高水山トレラン、どんな体験できるか楽しみです(^_-)

>>NEKOさん
 前日、布団干しではないことに気づいても、そんな大げさな(?_?)と思ったのですが、スタート後にコースからはじき出されそうになって納得しました。 あたしも高水山が初トレランです。トライ!トライ!トライ!で行きましょう(^_-)

>>kanrekiさん
 バイクはテクニックと機材、スイムはテクニックと素直さ(笑)でカバーできても、ランの場合は、推進力である筋力低下は残念ながら・・というところなのでしょうか・・  継続している方は、尊敬します。
2009.02.21 Sat 00:45
Edit | Reply |  

Name - 鯨海酔狂  

Title - 

レベルの違いはよく存じてましたが。
やっぱり速い。
実はグロスサブフォーなんて目指しております。平均ペースで走れるかが目前の問題です。
2009.02.21 Sat 01:35
Edit | Reply |  

Name - ちょこっと自由なランナー  

Title - 

>>鯨海酔狂さん
あたしは学生時代は帰宅部だったんですよ・・授業で走らされるのは嫌だったのが、趣味にしちゃうと頑張ろうと思うのが不思議ですよね(^_-) グロスサブフォー 応援してます。
で、まずは何より佳い旅になりますように(^-^) おみやげ話待ってます
(^_-)
2009.02.21 Sat 02:25
Edit | Reply |  

Add your comment