目指してるのか?サブスリー 酒とジョグとカメラの日々

57歳サラリーマンのマラソン練習と飲酒とカメラの記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EKIDENカーニバル2008と精密検査一回目 

11月7日(金)
 
 21時半まで残業して帰宅。東京マラソンの支払のためのページに行き、コンビニ決済を選択、クリックするも砂時計出たままレスポンス悪い。下手にいじるとやばいと思いしばし放置。
そのうちに画面が切り替わったが、決済に必要な情報は得られないまま。再度、ログインページに行くとすでにセブンイレブンで発行済みなので確認メールを見ろとの指示。メールボックスをチェックしても確認メールは届いていなくて不安になる。まぁ、締め切りまで余裕があるのですこし様子を見ることにして、午前1時に就寝。

11月8日(土)

 西立川駅集合が10:30なので07:30まで寝てもいいよなと思って目覚ましセットしたが、5:30に寒くて目が覚める。確認メールが到達しているかなと思い、メールチェックするがやはりだめ。何となく寝そびれてしまい、コーヒーを入れる。そのまま起床し、パッキングや部屋を片づけ、ゆっくり朝食。
8時頃、外を見ると雨(>_<) 傘を準備し、09:15 阿佐ヶ谷駅に向かう。
西立川駅に着くとホームから改札口までランナーで一杯。
                                    EKIDEN2008_01.jpg

 西立川ゲートでメンバーと落ち合い、みんなの原っぱを目指す。速攻で受付をすませ、アミノバリューとソイジョイを4本ずつもらって、中継所付近の木の下にブルーシートを広げる。
 ナンバーカードをつけようとすると、なんか変 「ん? ショートの部??」あわてて、受付に確認に行くとあっさり「印刷ミスです。大丈夫です。」とのこと。んー、ミスですまないような気がするが、どう見てもお手伝いのお母様なので「わかりましたー」といっておく。

 11:00 アンカーがまだ来ないが3人で軽くアップした後、一人で本気(?)でアップする。 12時すぎてアンカーIさん到着。チーム結成以来はじめて4人が一同に揃う(笑)
EKIDEN2008_03.jpg

 12:15 スタート地点移動。一番前はないよなと思い控えめに1/3あたりにポジション取り。スタート時間を待つ間に、主催者側から1区は10.8kmありますと言われる。どうやら、中継所をピット方式としたためらしい。まぁ、いいけど・・

 12:30 スタート 全然動かない。ポジション取り失敗を痛感。ぶつからない程度に人混みを縫ってすこしでも前に出るがトップ集団は姿すら見えない。プチ凹みしながら走っている内に1km表示発見。手元の時計を見ると2’57”?! スタート時の混雑や自分のペースを思えばあり得ないタイム。ラップをとる気すら起きない。心拍を確認すると178台 フルは無理だが10kなら最後まで持つはずと自分に言い聞かせ必死に走る2周目にさしかかったところで前の職場の上司から応援をもらう。何とか最後までペースを落とさず走りきり、中継所レーンで一人抜いて2走にたすきを渡す。自己時計で42’35” 10.8kmだとすると10k換算でなんとか40分切ったかなと一安心。
 2走Kさんは風邪引きだが、見事な走りで5.4kmを21分強でカバーし3走のY女子につなぐ。
 3走Y女子は駅伝に誘ったら二つ返事で了承してくれ、自主練をしていただけあり目標の17分をクリアし16分台自己ベストを出した模様で、中継レーンでカメラを構えていて危うく見逃すところだった。
 4走Iさんも、かわいいお嬢さんの声援を受けて必死の力走。Kさんとすこしばかり併走して応援し、後はみんなで、フィニッシュ地点で待ち受ける。1:44’32”で無事フィニッシュ。 みんなで集合写真を撮る。 
            EKIDEN2008_2.jpg


 着替えをすませ、速報板で総合205位、種目別21位であることを確認してから立川駅前で祝勝会。次のEKIDENはいつあるんだ?とか 浦安ベイシティに一緒に出ようとかワイワイ騒いで楽しい一日。
 
この大会で思ったこと。
①ナンバーカードの参加種目のミスプリントは問題外。いつ気がついたか知らないが、徹夜してでも手書きで直すくらいの気持ちが必要。それが無理なら、説明紙を添付すべき。
②距離表示は正確にしようと思えば運営側のやり方一つでいくらでもできるもの。不正確なまま表示して平気なことが疑問。

 ということで、ランナーズさんは大会100撰という企画もいいけど、自分たち主催する大会の運営をきちっとやっていただければと思う。次回に期待。

11月9日(日)
 午前中一杯、部屋の掃除とアイロンかけをする。図書館に出かけて大量に本を借りる。午後から善福寺緑地でゆっくり24kmジョグ。 肌寒く、あまり汗もかかない。キャベツとタマネギとウィンナーでポトフを作る。ビール飲んで寝る。

11月10日(月)
 相変わらず東京マラソンの決済確認メールが届かない。エントリーセンターに電話してもお話中。
午前中仕事をし、昼食抜きで午後からいよいよ精密検査。
 胸部CTは結核性胸膜炎で入院以来。薄いバリウムを飲まされ、後は手を上に伸ばして寝そべって息を吸ったり止めたりで10分ほどで終了。技師さんから、先生が画像を見て追加撮影があるかもしれないので、そのまま待つよう言われる。幸い追加撮影はなく、採血へ。

 採血終了後、頚部超音波検査。 甲状腺腫瘍の有無を確認するのだろう。薄暗い部屋で上半身裸になって検査を受ける。技師さん二人で、いろいろ話をしながら検査が進む。盛んに「ピッ」という音がする。そっと目を開けてモニターを見ると二人で指さしながらどうやら何かを見つけて撮影している模様。
 甲状腺右葉から始まり左葉・・・30分以上かかっており、しきりに同じ場所をサーチしていることから、こりゃ絶対なんかあったなと思う。
 シャツを着ながら、「何かありましたか?」と聞くと「えーと、石灰化している部分といくつか水胞がありますね。それが何かまでは超音波検査ではわかりません」とのお答え。
 廊下で写真整理が終わるまで待つよう言われ、ベンチに腰掛ける。データ一式を袋に入れて渡され内科受付まで行くよう指示される。
 途中で、ベンチに座り中身を確認。石灰化が一カ所 cystと書かれたものが3カ所ほどある。それぞれに輪郭明瞭とか充実性とかのコメントがあるが覚えきれない。
 あきらめて、受付にデータ一式を渡して、12日の検査の打合せをして帰宅。検査料7520円。 16:00間際だったのでだめもとで東京マラソンのエントリーセンターへTEL。一発でつながり、状況説明。同じような問い合わせがあるのか、スムーズに話が進み、決済番号をようやくゲット。
 帰宅後、ネットで甲状腺腫瘍について調べる。いろいろ不安になるようなことが書いてあるが、自分の画像へのコメントを正確に覚えているわけではないので、それ以上は止める。
 あとは、女医さんの診断を待つことにしておとなしく寝る。

11月11日(火)
 明日の大腸内視鏡に備えて食事制限。取っていいのは炭水化物と卵くらい。野菜や海草、魚、肉、乳製品、コーヒーは摂取しないようにとのこと。みそ汁もダメなんだそうだ。パンだと何も塗らない食パンを水で食べることになる・・
 でもって、朝は、軽くランをしたあとに卵かけご飯とお茶で出勤。会社ついてもコーヒーが飲めないのがつらい。いつもはバイトの子がコーヒーを持ってきてくれるのだが、自分でティーバックでお茶を入れる。
 お昼は会社の地下のそばやさんでもり蕎麦2枚。
 午後も淡々と仕事をして19:00に月見うどんと盛り蕎麦1枚。ネギも入れられないし七味も振れない。  お蕎麦は好きだけど、薬味なしは飽きる。あー種物食べたいと思いながら21:00まで残業。
 帰宅後、明日の下剤を作る。 ムーベンというネーミングに一人で笑う。 お茶飲んで寝る。

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。