目指してるのか?サブスリー 酒とジョグとカメラの日々

57歳サラリーマンのマラソン練習と飲酒とカメラの記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007 甲州夢街道シルクロード215km走行記録Part2 

9/30
 JR初狩駅のあたりで日付が変わる。大月駅(12:32)、鳥沢駅、梁川駅、四方津駅(02:40)を横目に見ながら通過。不思議なことに眠気はほとんど感じない。雨は止むこともなくさすがのモンベルのライトジャケットも雨を通すようになってしまう。
 心配していた左足の甲の痛みが徐々に強くなってくる。また、左足に加えて、身体のあちこちが痛むが、止めようという気持ちは全く起こらない。コンビニを見つけるたび、おでんやおにぎりなど補給する。途中温かい飲み物が欲しくなり、コーンスープにするか缶コーヒーにするか迷ったが、眠気防止にはコーヒーか?と思い練習中は一度も飲んだことのない缶コーヒーを何気なく購入。飲んだ直後はよかったが、走り始めるうちに胃が痛み始め、吐き気を催す。吐き気をこらえながら走り続け、途中のコンビニでアイスクリームや栄養ドリンク、手持ちのパワーGELを無理矢理補給する。

 
 吐き気に加えて、左足の甲の痛みが強くなってきたので04:28藤野駅(142.6km)付近でレモシステムのSサイズを足の甲に貼る。2kmも走らないうちに痛みが足の甲から足首まで広がり始める。相模湖IC先のドライブイン跡地で、雨をしのぎつつレモシステムのMサイズを足首に貼り、ロルカム(痛み止め)を投入。
 誰もいないのをいいことに「あぁ゛ー!!絶対にあきらめないっ!!」と大声を上げてみる。結構、いい気分。夜が明けて、雨がひどくなって来る。小走りなので身体が暖まらない。
 このままでは体力を消耗するばかりと思い05:28頃、相模原市相模湖町小原のコンビニでレインコート他、エビアン、コーヒー牛乳、栄養ドリンクを購入する。レインコートをウィンドブレーカーの上から着込んで、早歩きで大垂水峠を目指す。トラック、乗用車が頻繁に通過する。「ここまで来て車に轢かれるのはいやだよなぁ・・雨に濡れたまま死ぬのもいやだなぁ・・」と思いながら出来るだけ端によって歩く。

 無事に大垂水峠を越え、小走りで下っていくうちに右足の小指に激痛が走る。シューズの中で小指が「でんぐり返っている??」かのような感覚。「小指が疲労骨折?」などと小指の骨を折った経験もしていないのに、一瞬のうちにいろんなことを考える。
雨が降る中、おそるおそるシューズと靴下を脱ぎ、右足の小指をぐりぐり動かして見る。痛みは発生しないので「折れてない」と医者でもないのに断定する。よく見るとすごいマメが出来ていて、これで変な摩擦が発生して痛みが出ていると勝手に納得。
 手持ちの武器はカットバンとソルボ人工皮膚くらい。とある施設の入口に腰掛けて、マメをソルボとカットバンでカバーする。雨で濡れているのでうまく粘着しないが、まぁ、いいことにする。濡れた靴下を絞ってから、カットバンがずれないようにそっと履いて歩いてみる。痛みはあるが、でんぐり返るほどではない。「よーし、行ける、行ける!」と自分に言い聞かせ、ゆっくりまた走り出す。

 07:40頃、峠を下りきったあたりで思いがけず奥武蔵UMCさまの私設エイドがある。暖かく迎えていただき、イスを勧められ、果物とおかゆをご馳走になる。千代田走友会さまのエイドでも思ったことだが、チームを越えてランナーを応援して下さる姿勢には本当に頭が下がる。一方で、自分はランナーとして誰かを応援したことがあるだろうかと反省させられる。エイドの方にお話を聞くと100人以上は既に通過していったとのこと。エイドにいた他のランナーの方と残り50km強を頑張って、必ずゴールまで行きましょうと励まし合い、走り出す。
 京王線高尾山口駅近くで、アートスポーツでお世話になったアート鈴木さんとお会いする。ご挨拶させて頂いていると、向こうから奥様が・・きれいな方でした(*^_^*)

 JR高尾駅を通過し、八王子市内に入る。並木町の舗道上で雨の中、傘をさしながら応援して下さる方がいる。ミルクキャンディーをいただく。そのお気持ちに感謝。
 08:30、予定通り八王子駅入口(167.1km)到着。ダイエーのトイレで顔を洗い、気持ちをまた入れ替えて走り始める。
 走るうちに、試走で間違えた20号バイパスと旧道のY字路に到着。自動車ディーラーの方に声をかけさせていただき旧20号線であることを確認。走り出す前に何気なく後ろを振り返ると、お二人のランナーが手前の信号まで戻ろうとしている。20号バイパスの看板を見て引き返そうとしているものと思われる。手振りで直進であることを示すが気づかない模様。 思わず100mほど逆走をして声をかける。どうしても「20号」の看板が気になるようで半信半疑だったが、自動車ディーラーの方に確認したことと、自分が試走してこのバイパスを行っては日野橋に着かないことは経験済みであることを説明するうち、他のランナーが引き返してくるのを見て納得された模様。感謝してもらえて、自分もうれしく思う。

 日野橋を渡り、試走の時、真夜中に徒歩でドライブスルーを断られたマクドを眺めながら、ひたすら走る。矢川駅入口(176.8km)を10:15、府中駅コンビニに(181.4km)10:50頃、到着。コンビニ休憩していると、エントリーシートを持って、参加者の名前を呼びながら応援して下さる素晴らしい女性とお会いする。またしても感謝。
少しお話をして、次の休憩地点である仙川のコンビニに向けて走り出す。

 味の素スタジアムを通過し、仙川のコンビニは歩道橋がそばにあったよなぁと思いながら走る。歩道橋が見えてくるたび「仙川?」と思うが、仙川にはなかなか届かない。思わず、信号待ちの交差点脇で目があったお巡りさんに「仙川はこの先でいいですか?」と尋ねてしまう。お巡りさんから「そうです。ところで、皆さんは何をしているのですか?朝からたくさんの人が通って行きますが・・」と問われる。海宝さんに教わったとおり、「諏訪湖から日本橋まで走って旅をしています。旅なので、こうして信号を守って迷惑をかけないよう歩道を走っています。」と答える。「す、諏訪湖って・・ 日本橋までですか?」といわれるので「はい。なんとかここまで無事に来ました。これからも迷惑をかけないよう気をつけて走ります。」と答える。「了解しましたっ!お気をつけてっ!」と敬礼までしていただく。ありがたい。

 都心が近づくにつれ、歩行者も増え、また歩道も狭いので、すれ違いには気を使う。途中、前から傘を差した歩行者の方が来る。目と目があったので、自分は身体を右に傾けてすれ違おうとしたところ、あちらの方は傘を傾けてくれない。傘とぶつかるのも申し訳ないのでさらに右に身体を傾けたところ、見落としていた交通標識の鉄パイプに右肩を強打し、「ゴンっ」と音がする。2月に転倒して一度負傷した右肩なので、結構きつい。思わずうずくまるが、歩行者の方は振り向くだけで、そのまま行ってしまわれる。声をかけられてもどうなるわけではないが、ちょこっとムカちん。でもって、海宝さんの、「好きに走って迷惑をかけているのはこっちの方」を思い出す。反省。

 吐き気と寒さをこらえ、右肩をかばいながら仙川駅入口(191.6km)のコンビニ到着、12:20。当初の予定より40分ほど早い。暖かいスープを飲み、残り20kmと思うのだが、なかなか走り出せない。このままずっと歩いても、まにあうなという弱気が出てくる。

「歩いている人もたくさんいるし、まにあうだろ?別にレースじゃないんだから順位は関係ない。18:00までに着けばいいんだよなぁ」と思う。
「そうなのか?自分の力を出し尽くすのだろ?ここまで頑張ってきて、まにあうからといって残りをずっと歩くのか?歩き混じりでも走れるんだろ?」と自問自答するうち、誰かに背中をドンっと叩かれたような気がして、ゆっくり走り出す。

 下高井戸の環八ガードを通過。ここは砧公園マラニックの帰りに何度か通った見覚えのある景色。「左に行くと荻窪、青梅街道に出るとアパートだなぁ・・でも、鍵は持ってないもんねー」と思ったり、「暑い中、へとへとになって練習したなぁ・・うん、頑張って練習したからここまで来られたんだ。」と思うと何だかうれしくなってくる。
 環七ガードを通過し、徐々に人が増えてくる。疲労もピークに達し、足首は両方とも曲げるだけでズキズキ痛む。交差点で信号待ちする時、ストレッチしながらも「横になったら気持ちいいだろうなぁ」と時々思う。吐きそうになるが、胃がひっくり返りそうになるだけで何も出てこない。「おー、パワーバーGEL 吸収いいじゃん!」とわけのわからないポジティブ思考。

 新宿駅南口を通過する時、一瞬どちらに向かえばいいのかわからなくなる。何気なく振り向くと、横断歩道の向こうにいたランナーの方が、身振りで「まっすぐ!」と示してくれる。心から、感謝。やっぱり、ランナーは最高。

 新宿御苑脇をとおり、新宿通りに出ると、見覚えのある景色にホッとする。ゆっくり走り続けると毎日出勤で使う四ツ谷駅が見えてくる。四ツ谷アトレ前(206.2km)14:45到着。一休みして、半蔵門に向かう。三宅坂は足首が悲鳴を上げていて、下りはとても走れない。
 桜田門交番前をとおり、大手町をすぎたあたりで3名ほどのランナーの方とご一緒になる。頑張りましたねぇと健闘を讃え合う。交差点を右に曲がると日本橋の交差点が見えてくる。レインコートとウィンドブレーカーを外してナンバーカードが見えるようにする。ナンバーカードを見ると34時間のあいだにすっかり文字がかすれている。長かったようなあっという間のような不思議な感覚。

 日本橋交差点を渡り、外した荷物一式を橋のたもとに置き、フィニッシュラインに向かう。フィニッシュラインの先に星峰さんがカメラを構えているのが見える。両手をあげ、みなさんに感謝しながら、ラインを踏む。
フィニッシュ


15:44  あこがれの海宝さんから「よく、帰ってきた!よく頑張った!」と肩を抱きかかえられ大きな声をかけていただき、私の初ウルトラ、初甲州夢街道は33時間44分で無事完結。
20071014071936.jpg



 主催者の海宝さん、海宝ロードランニングのスタッフの皆様、公式エイドの皆様、素晴らしい大会をありがとうございました。

 私設エイドをご提供いただき、お世話になった千代田走友会さま 奥武蔵UMCさま、namikiさま、本当にありがとうございました。これからは、私も自分が走るだけではなく、走る仲間のためになることを少しでもしていきたいと思います。

 また、一緒に参加されたランナーの皆様、ありがとうございました。道中、いろいろなお話しできたことが最高の思い出です。

 そして、何よりもエントリーの後押しから、練習のアドバイス、当日のレースペース作りまでしていただいた星峰さん、Oさんには心から感謝します。本当にありがとうございます。

 みなさまのおかげで、無事に完踏することが出来ました。

 来年も、甲州夢街道シルクロード215kmラン・ウォーク遠足でお会いできることを楽しみにしています

Comment

Name - takey  

Title - 

う~ん、益々素晴らしいです。
当たり前なのかもしれませんが、夜も走り続けたのですね。しかも雨降っているし。
脚の痛みや胃のダメージは、私の経験ではたかだかフルマラソンの距離でもかなり辛かったです。しかも一度脚を止めてしまうとそこから前に進むことができなくなりますよね。。。
本当に大変だったことでしょうが、一方でこのような貴重な体験ができたことを羨ましくも思います。
非常に興味が沸いてきました。近いうちにチャレンジする日が来るかもしれません。
本当にお疲れ様でした。
2007.10.14 Sun 19:32
Edit | Reply |  

Name - ちょこっと自由なランナー  

Title - 

>>takeyさん
今回は、雨で気温が低かったのが幸いだったような気がします。フルはスピードが格段に違いますから、ダメージも大きいし途中の関門もありますので、別なつらさ、厳しさがあると思います。おっしゃるとおり、貴重&素晴らしい体験でした。takeyさんもトライトライトライで~す!
2007.10.14 Sun 23:16
Edit | Reply |  

Name - スモモ  

Title - ああ、なんか

じーんとしました。
ただ長距離を走るというだけでなく色んなことを体感できるレースですね。

冷静にでも気持ちは熱く・・・ちょこランさんの姿勢がカッコイイです!
体ゆっくり休めて下さいね。
2007.10.19 Fri 11:20
Edit | Reply |  

Name - ちょこっと自由なランナー  

Title - 

>>スモモさん
 最後まで読んでいただきまして恐縮でっす。
 しかも、優しいお言葉もありがとうございます(T_T)
 34時間をただ走るという贅沢な使いかたさせていただきました。
 そう、自分の身体とそんな身体を授けてくれた両親に感謝です。 
2007.10.20 Sat 00:30
Edit | Reply |  

Name - まさお  

Title - 感動しました!

ゴールまで読んだとき涙が出てきました。
心の葛藤がジンジン伝わってきます。
215km、夢街道の夢が現実になったんですね!

おめでとうございます!
2007.10.23 Tue 12:44
Edit | Reply |  

Name - ちょこっと自由なランナー  

Title - No title

>>まさおさん
走行記録に最後までおつき合いいただきありがとうございました。精神力というか、たくさんの人たちの応援、アドバイス、それと走っているのが好きだから(走ったあとのビールもねw)日本橋までたどり着けたのかなと思ってます。これからもいろんな夢を追いかけていきたいと思います。
2007.10.24 Wed 23:36
Edit | Reply |  

Name - 鉄人28年  

Title - 甲州街道同室でした。

甲州街道215kmで同室でした。
完走おめでとうございます。
私も、何とかサブ35時間で完走しました。
100km笹子峠下りでフクラハギ筋断裂が再発しましたが、テーピング、鎮痛剤で抑え、道に迷いながらも、完走出来たことは大きな喜びと共に自信となりました。
今後も200kmに出場したいと思います。
その後、国内1レース、出張中の韓国で2レース出場しています。
またいつかお会いしましょう。

2007.10.26 Fri 14:45
Edit | Reply |  

Name - ちょこっと自由なランナー  

Title - No title

>>鉄人28年さん
甲州夢街道ではお世話になりました。完走おめでとうございます。
あれから3レースもこなしたのですか。さすが、鍛え方が違いますね。
私は来月の上尾ハーフからリスタートです。
これからもウルトラマラソンを楽しんでいきたいと思います。
また、大会でお会いできる日を楽しみにしています。
2007.10.27 Sat 14:06
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。