FC2ブログ

目指してるのか?サブスリー 酒とジョグとカメラの日々

60歳の還暦ランナーのマラソン練習と飲酒とカメラの記録

マラソン大会中止の対応 

 今年の3月末で、定年退職となり、単身赴任先の東京から仙台に戻りました。4月3日のことです。
 緊急事態宣言がなされる直前で新幹線の車内は5人のみ。
 仙台到着後は、引越しの手伝いに上京していた家内と自主的に自宅待機2週間。 私は無職なのでいいのですが、家内はパートなので、シフトに穴をあけてしまいました。
 自宅待機はこちらからパート先のオーナーに申し出をしたのですが、オーナーも申し出てもらってかえってホッとしたようでした。
 毎日、朝晩検温し、平熱を確認してホッとする日々でしたが、ひとまず20日以上、体調に変化はないので発症はしていないと判断。
 日曜日に、家内と一緒にオーナーにシフトに穴をあけたお詫びをしに行き、家内は昨日からパートに出ています。
 宮城県も緊急事態宣言が出されているので、私は引き続き外出自粛。 ランニングは1時間程度、河川敷で人のいないところで行っています。 求職活動は5月のゴールデンウィークが終わった時の状況をみて行うタイミングを考えます。 5月6日で終息するとは到底思えませんが。

 そんな中、板橋シティマラソン事務局から、参加賞と参加費の一部が送付されてきました。 参加費はクオカード4300円で返金です。 どこかのブログで返金率云々という書き込みを見ましたが、大会事務局の手間を考えたらそんなこと言うのかねとあきれてしまいました。 
 大会によっては、返金なし、振り込みで返金、クオカード、次回エントリーに使えるポイントで返金など、いろいろありますね。
 振り込みで返金される大会については、振り込み辞退をする方もいるようです。振り込み辞退をする方は「そのお金を寄付するので、コロナ対策に使ってください」という趣旨かと思いますが「僕は振り込みでも全然平気です」とコメントする人も。
 平気で代理出走するレベルのランナーもどきのようなので仕方ないかな。

 自分は4300円のうち、3000円は使ったつもりで医療従事者の方々への支援のクラウドファンディングに寄付、残り1300円はいつも食事を作ってくれている家内のために日曜日の昼食のテイクアウトに使わせてもらいました。
 仙台国際ハーフは3000円をクオカードで返金するということなので、こちらもクラウドファンディングに寄付します。

 では、いまから掃除と洗濯をします。 
 

Comment

Name - 正義の味方  

Title - まじ、くそブログ

勝ち組気取りか。金持ちアピールはやめとき。
オーナーさんが可哀想。それが判らないあんたが不憫だ。
つうかコロナ疎開すんなや。迷惑野郎。
2020.04.25 Sat 00:08
Edit | Reply |  

Name - ちょこラン  

Title - To 正義の味方さん

くそブログをお読みいただいた上に、コメントまでありがとうございました

勝ち組気取り、金持ちアピール お気に障ったようで失礼しました

オーナーには迷惑をかけたと思っています

コロナ疎開するなとのことですが、冒頭に記載したとおり、定年退職となって単身赴任先の社宅を退去しなければならないので自宅に戻るしかなかったのです

正義の味方さんが新型コロナに感染せず、これからも活躍されることをお祈りいたします
2020.04.25 Sat 08:53
Edit | Reply |  

Add your comment