目指してるのか?サブスリー 酒とジョグとカメラの日々

57歳サラリーマンのマラソン練習と飲酒とカメラの記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017シーズンの予定など 

 1/3は年末年始の最終日  お昼前に広瀬川土手の不整地を長めのジョグ

   IMG_5026.png    IMG_5028.png
 
 1/4は仕事始め  仕事したくないモード全開で休足日 出勤するとあたりまえにあちこちから連絡が入って、仕事モードも全開?
    (笑) まあ、あてにされているということで。

 1/5 お休み中は昼ランだったので目覚ましなってもなかなかベッドから抜け出せない。 二日続けての休足日はなぁ と思ってなんとか脱出。 着替えをして外に出ると真っ白。 あぁー、サボってもよかったんじゃないの? 二度寝? と思ったけれどめんどくさいので、そのままうっすら積もった雪を踏みしめながらゆるジョグ。 心拍トランスミッターのベルトの濡らしが甘かったのか、出だしで心拍205とか エラーですね。
    IMG_5029.jpg   IMG_5030.png   IMG_5031.png

昼休みに2017年のレース予定をクリールの練習ノートに書き出す。

エントリー済みは
1/15 フロストバイトハーフ
4/16 長野マラソン
の二つだけ。 4月には柴田桜マラソンがあるのだけれど、長野マラソンの前日なので今年はパス。

 5月には仙台国際ハーフがあり、エントリーは1月10日からとのこと。
 11月の大田原マラソンの記録で登録の部のエントリー基準はクリアしているが、今年もエントリーはしないつもり。
 仙台ハーフ国際マラソンは1万人規模の大会になってからは、登録の部はハーフ1:35以内から1:40以内に緩和しつつもエントリー基準を設けていても、レースにおける関門は一般ランナーと同じ。
 なので、登録の部でエントリーしても、実際は観光気分なのかレースに向けた体調管理や準備もせず2時間近くかかってゴールする登録ランナーもいる。
 1万人規模の大会になる前は、関門も厳しく残り3kmくらいで足きりされる選手も多くいて、スタート前もレース中も緊張感があったし、ランナー同士がお互いに敬意を持っているような大会だった。2時間弱なんて記録が残ることはなかったし。 

 震災の年は中止、2012年の大会から1万人規模の大会となったが、中止になるまで6年連続出場していたこともあって迷わずエントリーした。
 そのときに、目にしたのは、スタート前に震災の犠牲者に対しての黙祷が呼びかけられてもおしゃべりに夢中なランナーの格好をした人や過去の代理出走をとくとくと語るバカ。何とも情けない気持ちになった。
 
 基準タイムも緩和され登録の部の間口も広がったかわりに、ランナーとは呼べないような輩も混じってくるようになったということだと思っている。 この5分は大きいと思う。 以来、仙台国際ハーフの基準タイムをクリアした上で、あえて仙台国際ハーフには参加しない、「出られないのではなくランナーもどきにいやな思いをさせられるくらいなら走らない!」という感じ。

 なんて偉そうなことを言いながら、仙台国際ハーフがスタートしたときは1:25以内が参加基準かつ200人規模の大会で、申し込みの案内がオープンになってからエントリーシートをもらいに行くと定員に達しているという大会で、翌年こそは、と思っていたら結核になって長期入院してしまい、ランナーとしては8年ほどブランク。
 医師の許しも得てランニングを開始するも8年のブランクは大きく1:25はクリア出来ず、仙台国際ハーフに参加出来たのは基準タイムが1:35に緩和されてから。 
 でも、一生懸命練習して1:35をクリアしたし、関門も厳しかったので参加するからには自己管理を徹底して、そのレースで翌年の参加基準をクリアした。 参加を続けるうちに冬場のハーフでは1:26台までタイムも縮まった。
 
 それだけ、仙台国際ハーフはあこがれの大会だったし、参加したランナーを進化させる大会だったんだよね。  だけど、もういいや。

 ということで、
 5月は八戸のうみねこマラソンハーフに今年も決定!
 6月は東根さくらんぼマラソンハーフと函館マラソン 函館は去年はハーフだったけれど、今年はどうしようか検討中。函館2泊してフルもありか?
 7月はみちのくジャーニーラン200kmの方向。(9月の雁坂が中止になったので。)
 8月は伊達桃の里 10k
 10月は松島ハーフマラソン
 11月は阿武隈リバーサイドハーフマラソンと大田原フルマラソンにして大田原は秋のフル本命レース
 
 という予定。 とにかく、故障と怪我には気をつけたい。

Comment

Name - mari  

Title - 

7月は200㎞ですか(@_@)
             凄すぎます~!

「もう いいや」なんかわかる気がします。
私、記録に挑戦している時は大会の1週間前から禁酒していましたが完走が目標に今は前夜もしっかり飲んでいます。「もう いいや」そう思った事が遠い昔ありました(笑)
お互い怪我や故障をしないで大会参加を楽しみましょう!(^^)!

2017.01.07 Sat 19:11
Edit | Reply |  

Name - ちょこラン  

Title - To mariさん

>mariさん
 コメントありがとうございます!
 7月の200km 正直なところ、まだ走り切るイメージがわかないのですが、雁坂143kmが中止なので、申し込むしかないかなぁと思ってます。 完走したら「すごい!」といっていただければ(笑)
 「1週間前から禁酒」 わかります! 私もしてました。 今は本命レースでも前日くらい?
 今年も走って飲んで笑いましょう(^^)/
2017.01.07 Sat 22:14
Edit | Reply |  

Name - かおる  

Title - 

今年一年のレースの計画、しっかり立てているんですね~。
レースの計画がこれだけはっきりしていれば、練習計画もたてやすいですよね。
何でも無計画、気分次第、行き当たりばったり系のわたし、少しは見習わないと(^_-)-☆

みちのくジャーニーランか、どんなレースなのでしょうか。
どちらにしても長丁場のレースは完走記が楽しみかも(^.^)
2017.01.08 Sun 13:38
Edit | Reply |  

Name - 山  

Title - 

ランニングブームによりランニングという趣味が大衆化すればそれにつれていろいろな価値観を持つ人が増えてきますね。ランナーが大勢いる所で煙草を吸う、混雑を見越して30分以上寒い中並んでいるスタートブロックに直前に入り込んでくる、給水が少し遅れただけでボランティアに大声で怒鳴る、大会終了後俺は疲れているんだと言わんばかりに混雑した通路を絶対に避けずに歩く等々、以前は怒っていましたが、今は可哀そうと思うだけです。自分はせめてできることとして、給水所でもらう時にお礼を言うようにしています。近くの若い子たちが真似して言ってくれると嬉しいです。
200kmレースですか?私が参加する長野県の駒ヶ根ハーフの会場まで川崎の自宅から走る距離です。凄すぎて何も言えません。
2017.01.08 Sun 16:25
Edit | Reply |  

Name - ちょこラン  

Title - To かおるさん

>かおるさん
 レースの参戦計画を立てるまではいいのですが、最近はエントリー出来るかどうか、クリック合戦を勝ち抜けるかという問題がありますよね。 忘れないようにダイアリーにエントリー開始日をメモしたり(笑)

 みちのく津軽ジャーニーランは弘前市をスタートし津軽地方をぐるっと回って弘前市に帰ってくる大会だそうです。昨年の完走記を読むと、結構ハードな時間設定のようです。
2017.01.09 Mon 09:48
Edit | Reply |  

Name - ちょこラン  

Title - To 山さん

>山さん
 ここまでランニングがブームになる前は、それなりに練習をした上で大会に参加していたためか、一定の秩序があったような気がします。 いまは、ノリで参加する方も多いようですのでね。ボランティアに向かって暴言をはくなんて考えられないし。

 私も給水所でのお礼の一言と紙コップはゴミ箱にを心がけています。
 ゴミ箱を逃して、紙コップを握りしめて走っていたら、並走のランナーさんも同じことをしていて、ナイスラン!と声を掛け合ったときはうれしかったです。
2017.01.09 Mon 09:57
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。