目指してるのか?サブスリー 酒とジョグとカメラの日々

57歳サラリーマンのマラソン練習と飲酒とカメラの記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月のレース 

今さらだけれど、11月はハーフマラソンを1本、フルマラソンを1本走った。
ハーフは11月6日、阿武隈リバーサイドマラソン。 
いつもは陸上競技場からのスタートなのだが改修工事中ということで体育館前からスタート。
青空応援団の応援がすごく格好よくて、力づけられた。
  ss-阿武隈青空応援団
強風に苦しんだが 応援のおかげもあって、ペースも大崩れすることなく、1時間33分でまとめることが出来た。
    ss-阿武隈記録証   ss-阿武隈ポラール   ss-阿武隈ペースト心拍
 移動手段は、阿武隈急行線。毎月第一日曜日はフリー切符を発売しているので、お得に乗車できたし、帰りはビールも楽しめた。 
     ss-アブ級


 11月23日、勤労感謝の日は大田原マラソン。 今回で4回目の参加だが、割と天候に恵まれない大会。 去年は、走り出すと冷たい雨、今年はスタート前から風速12mくらいの強風。  雁坂の直後に右足を痛めて、距離走は最長20kmなのでもともと練習レースのつもりだったが、あまりの強風に戦意喪失。 それでも、3時間半は切りたいとは思っていたので、サブ3.5のペースセッターも利用することに。

 11月21日に歯の治療で麻酔を打たれてかなりガリガリやられたこともあり、二日ほどお酒を抜いてレースに臨んだのが良かったのか、戦意喪失で前半抑えめに入ったのが良かったのか、結果は3時間23分。 ラップも後半の上りと向かい風に苦しんだ割には安定していた。 やはり、今の実力にあったペース設定と配分がマラソンでは大事ということなのだと思う。
   ss-大田原    ss-ポラール概要   ss-ペースト心拍

 ペースセッターに10kmまでは付いていった。集団にいると楽なことは確かだが、サブ3.5くらいは自分でペース作れなくてどうするんだよ!と思い直して、そこから先は集団を抜け出して自分自身でペースを作ってイーブンで走ることができたので、ちょっとホッとしている。
 公認大会のフルで3時間半を切りたかったのは、仙台国際ハーフの登録の部の基準をクリアしておきたかったため。
 もっとも、最近の仙台国際ハーフには代理出走を平気でするようなランナーもどきが参加しようとしていたりして、そんな人とは一緒に走りたくないので、参加するつもりもないけれどね。 「出られないのではなくて、基準タイムはクリアしているけど出ない」ということにしたかっただけ。
 走り終わって思ったのは、決定的にスピードが足りないということ。
 4月の長野マラソンには、少しでもスピードを付けて、スタートラインに立ちたい。
 なんて言いながら、帰りの新幹線ではしっかりビールを楽しんだ。 電車はいいよね。
    ss-ビール

   

 

Comment

Name - 星峰  

Title - 

強風との戦いの中、自身の設定をクリア出来ておめでとう~
何だかんだ言いながら、いつもながらいいペースですね・・

仙台ハーフ、そんなけしからん奴がいるんですか~ぁ・・
うんうん、ちょこランさんが怒る意味が分かるよ~
鉄道利用の効果はいいよね~
2016.11.28 Mon 12:50
Edit | Reply |  

Name - ちょこラン  

Title - 

>星峰さん
風速12メートルはきつかったです(笑)
ローカル線はゆっくりですが、車窓からの景色が近いという楽しみもありますね。

今の仙台ハーフは登録の部も一般の部も関門が同じなのでゴールタイムが1時間45分を超えるような走りでも完走証をもらえるので、、、いろんな人が走りに来ます(>_<)
2016.11.28 Mon 21:51
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。