目指してるのか?サブスリー 酒とジョグとカメラの日々

57歳サラリーマンのマラソン練習と飲酒とカメラの記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週末のことなど 

7月もそろそろ終わり。 雁坂に向けた練習も取り組まなければと思いながら、なかなか腰が上がらない。
先週、土曜日にようやくマラニックに取り組んだ。 
今さら その記事? って感じもするけど、やることの優先順位は練習と家庭と仕事 ブログの更新はまぁ、スポンサーサイトがでない程度で。

最初は泉が岳に行こうかと思ったが、熊出没情報が頻発しているので海沿いに変更。
被災直後に現地派遣されて、惨状を目の当たりにして以来、足が遠のいていた荒浜、閖上方面に向かうことに。

閖上にはサイクルスポーツセンターといって、初めてトライアスロンに参戦し、その後、ランナーオンリーに転向してから、初フルを走った施設があった。
いわば、自分のなんちゃってアスリートとしての原点ともいえる施設。
津波で被害を受けてからどうなったか、この目で確かめてみたいと思ったのだ。

もう一つは被災商店の皆さんが立ち上げた「閖上さいかい市場」のポスターを職場でみたから。 
そこをゴールにしてお土産の海産物を買ってささやかながらも復興支援でお金を使って、電車で帰ってくる計画。
ほんとは、走って帰ればいいんだろうけど、お土産は生ものだからね(笑)

着替えのTシャツをマラニックパックに入れて10時過ぎに出発。 
荒浜方面に向かいながら、町中をとおり、36年前に就職して初めて仙台に出てきたときに住んでいた「石名坂」に向かう。

1年しか住まなかったけれど、よく利用した「酒屋さん」「本屋さん」「コインランドリー」をみて懐かしさ炸裂。
     CIMG2621.jpg   CIMG2622.jpg    CIMG2623.jpg

銭湯は廃業したみたい。 住んでいた木造独身寮は跡形もなくなっていた。
そりゃそうだよね、36年前で、すでに築30年は超えていたような建物だものな。
    CIMG2625.jpg

  給料日直後の休みの日にご飯を食べに行っていた喫茶店もなくなっていた。というか記憶も曖昧なんだけどね。


一通り、懐かしさにひたったあとは、荒浜地区を目指す。 なかなかペースが上がらない。雁坂は最初のチェックポイントが
33km先 ここをある程度余裕を持って走りきらないと、次の雁坂峠をクリアできないし、なにより144kmの長丁場を乗り切れない。
GPSウォッチでペースを確認するとキロ6分30秒くらい。 こんなペースでも何となくしんどいって 大丈夫なのか俺 と 自問自答。

住宅街を抜けバイパスを渡り東に向かうと、田んぼの中を通る道路で、以前はバイクやランでよく走った懐かしい風景。
それも東部自動車道路をくぐると一変。 建物がない。 県道との交差点にあったコンビニの建物は跡形もなく、駐車場の車止めがわずかに残っているだけ。

そこを過ぎると道路の両脇には鉄線が張られ建物の基礎が残っているだけのエリアが延々と続く。 目の先にはコンクリートの防潮堤。
   

 当時、ここで起きたことを考えながら走っていると、全身が何ともいえない雰囲気に。

 砂浜の近くの慰霊碑に手を合わせ、少しばかりのお金を「浄財」と刻まれた箱に入れる。犠牲になった方々のお名前と年齢が刻まれた慰霊碑をみていると涙が出てきた。

 防潮堤に上ると何人かの人々が何をするということもなく、腰を下ろして海を眺めている。その近くで自分も穏やかな海を眺める。
「自然のすることだからしかたねぇっちゃ・・・」という隣に座っていた人生の先輩のつぶやきが耳に残る。
    IMG_4268.jpg  
 自販機で飲み物を買って水分補給し、次の目的地閖上地区に向かう。工事のダンプが行き交う県道を今度は南に進む。
左手にかさ上げ工事現場、右手は田んぼ という変化のない景色が延々と続く。 
 
 閖上大橋を越えて、左に進むと魚屋さんや商店があった閖上地区。 かさ上げ工事の真っ最中。
建物の基礎が手つかずで残っていた荒浜地区とは違い、こちらはかさ上げや区画整理がすすみ、電信柱もたくさん建てられ、あとは家を建てるばかりという状況。

 それでもかさ上げ工事地区を過ぎ、坂を下るとあちこちに津波の傷跡が残っている。
 壊れた橋などから津波の力の恐ろしさを見せつけられる。
    CIMG2626.jpg

  日和山に上り、周りを眺める。 あの日から5年4ヶ月の文字。 高さ8.4mの慰霊碑に手をあわせ、サイクルスポーツセンターのあったところに向かう。
   IMG_4276.jpg    IMG_4275.jpg

なんにもない。
   IMG_4278.jpg

   荒浜とおなじ防潮堤に上り海を眺めてから、最終目的地 閖上さいかい市場に向かう。
   IMG_4279.jpg


スタートしたときよりは、日差しも強くなり、ペースは相変わらず上がらない。 14時50分くらいにようやく到着。  
   IMG_4293.jpg
  仮設のコンテナハウスを並べたお店をいくつか回り、魚屋さんでマグロぶつと塩からを購入。

  酒屋さんでは缶ビールと地酒を購入。 総菜屋さんでコロッケをかって、ビールで一人打ち上げ。
    IMG_4292.jpg

走行距離32km 走行時間4時間ちょい。 雁坂練習のとっかかりとしてはまぁいいかな。
帰りは仙台空港鉄道と地下鉄利用。 4時間ちょいかかった距離を25分(仙台空港鉄道)+7分(地下鉄) 電車は速いな。

今週末は、熊鈴さげて、今度こそ泉が岳ランの予定。 登ったあとに走って帰るかは体調次第だな。

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。