目指してるのか?サブスリー 酒とジョグとカメラの日々

57歳サラリーマンのマラソン練習と飲酒とカメラの記録

出張など 

 先週は、青森県弘前市に出張。K鉄道という会社のO線をどう活性化するかという会議。
 会議は午後からだけど、そもそもO線を経験しないことには話にならないよね・・・ ということで始発の新幹線で新青森まで。
 奥羽線を経由して弘前 そこから中央弘前という駅で電車に乗る。 
 古い駅舎だけれど近くにはレンガ作りの教会もあるし、 沿線には学校が多数あるので、頑張りようによってはまだまだいけるのでは? というのがよそ者かもしれないが率直な感想。 
  公共交通機関は単純に赤字ならやめましょうというわけにはいかないと思う。 会社の努力も必要だけれども、それ以上に地域の人たちが自分たちのレールを守ろうという気持ちになるかどうか なのか。
 それに、公共交通機関を利用するということは、駅まで自分の足で歩かなければならないし、到着を待つ、場合によっては移動中に座らないで立って我慢する。 他の人と空間を共有して協調性を養う、お年寄りなどに席をゆずる気持ちを持つ など移動のほかに社会勉強をする場でもあると思うので、学校が多数あるこの路線はぜひ存続させて欲しいと個人的に思うのだ。
IMG_4221.jpg       IMG_4226.jpg       IMG_4225.jpg

 会議が終わって、昔、暮らした青森まで脚を伸ばして、青森駅の跨線橋から構内を眺めていると、ねぶた囃子の練習の音が聞こえてきた。   
    IMG_4250.jpg

 夕暮れて ねぶたの稽古 夏が来る (季語かぶり)

 3連休の中日は、偉い人の被災地視察対応で、女川、志津川、気仙沼。  悲劇の大川小学校や南三陸防災庁舎も立ち寄ったが、発災から1週間後に現地を見ている自分としてはあらためてカメラを向ける気にもなれない。
 一方で、気仙沼線はBRTであっても地域の足として活躍している。 撮すならこっちだよね。
    IMG_4257.jpg


 

Comment

Name - 星峰  

Title - 

千葉のローカル線は地元の熱い応援で廃車せず、売り上げを延ばしてるよね。
やはり地元愛がないと色々な面で存続は難しかもね・・

災害は被害を受けた者、被った者でないと正直本当の意味での被害はわからないかもしれませんね。
でも、被害を受けた方々の強さには頭が下がります。
ちょこさんのお仕事大変ですが、多くの方々の手助けをこれからも宜しくね!
2016.07.19 Tue 11:17
Edit | Reply |  

Name - ちょこらん  

Title - 

>星峰さん
ローカル線存続は地元の人達の気持ちが大切なのだと思いますが、少しでもお役に立ちたいと思っています。
被災地復興もまだまだ時間がかかりますね。訪れて忘れないことや買い物をすることも小さな支援かなと思ってます。
2016.07.20 Wed 12:37
Edit | Reply |  

Add your comment